お通夜での男性の服装は急なら私服でもいいの?スーツはストライプでも大丈夫?

スポンサーリンク
参列者はこちら

 

お通夜での男性の服装どのような格好が最適でしょうか。

 

仕事帰りに急に行く時なども当然あると思います。

 

急な場合は、私服でもいいのか?

 

夏場のお通夜の服装やその他の細かい点までチェックしていきましょう!

 

滅多にあわない方もいるからこそ、気を付けておきたいですね!

 

※お通夜での男性の服装まとめ記事※

●急なお通夜は私服でもいいの?

 

訃報を聞いて駆け付けるお通夜。

 

参列者は、一般的に平服と言われるもので訪問をしていました。

 

※平服とは、普段着のことを指します※

 

普段着とはいえ、ジーパンなどというのは少し考えなければなりません‥。

 

急なお通夜の場合は急いで駆け付けたという点が重視されるため、服装はそこまで問題ありません。

 

とはいえ、あまりにラフすぎるのは少し考えなくてはいけませんよね!

 

加減や常識の部分というのはあると思います。

 

平服でお通夜に行くのであれば、黒や紺など落ち着いた感じのもので、派手でないデザインのもので行くのが良いですね!

 

参列するときによくわかっている方がいるのであれば、聞いてみるのもよいでしょう。

 

なかなか聞けない状況であれば、無難に黒っぽい服で参列することをおすすめします!

 

急なお通夜なのに、喪服で行くと予め準備をしていたのかと言われてしまう可能性もありますし、年配の方々は、そういう風に思う方も結構います。

 

一度の行動で勘違いされるのも嫌ですよね・・。

●仕事帰りでお通夜に行く場合

 

「できれば平服に行きたいけれど、どうしても仕事帰りにお通夜による」

 

という状況もあり得ますよね。

 

作業着の人も居ますし、スーツの人も居ます。

 

急いで駆け付けたという意味では失礼には当たりませんし、故人にお別れを言いに来たという部分では何ら問題はありません。

 

以前は、平服できていた人が多かったのですが、現在は喪服の人が多いのも事実です。

 

これは、お葬式に参列できない方などが増えお通夜に出る方が増えたからとのことでした。

 

失礼には当たりませんが、できれば、作業着の上から落ち着いた色の羽織れそうなものを準備しておくと良いですね!

 

羽織るものなどが準備できない場合は、靴下やインナーは、比較的準備がしやすそうです。

 

少しだけでも平服に近づけて参列したいですね!

 

・ストライプの入ったスーツでも大丈夫?

ストライプの入ったスーツでも特に問題になることはありません。

 

ただ、ストライプとは言っても細いラインのストライプは良いですが、太めの派手なものは、厳禁です。

 

色々なデザインのものがありますが、ストライプでもボタンの目立つタイプのもの、幅の広いものはよくありません。

 

紺やネイビーの細いストライプであれば、無難です。

 

・ネクタイやシャツの色は?

シャツやネクタイの色ですが、喪服の時に白ワイシャツに黒ネクタイと決まっています。

 

ただ、仕事帰りにとなると、持ち合わせてないこともありますよね。

 

ごく薄い色のブルー系やベージュ系、細めの線のストライプはOKです。

 

但し、ネクタイピンやカフスは付けません。

 

最近では、コンビニなどでも黒のネクタイは売っているようです。

 

前もって予備として持っておくか、コンビニで購入するというのもありですね!

 

営業職の方などの場合は、ピンクや黄色などパステルカラーのものなどや赤色など結構多種なネクタイを付けていると思います。

 

が、やはり親しき中にも礼儀を持つことは必要だと思います。

 

どうしてもない場合などは仕方ないのですが、葬儀・告別式の場合は、厳禁ですので注意してくださいね!

 

また、結び目のくぼみ(ディンプル)を作るのは、よくありません。

 

この点に関しても注意をしておきましょう!

 

カラーネクタイしか持ってないという場合は、ノーネクタイで行くという方法もありかもしれません。

 

ただ、今はコンビニで何でもそろう時代です。

 

100円均一でも揃えることができますので、1本ぐらいは準備しておくほうが良いかもしれませんね!

 

・クツやバックはどうする?

靴やバッグですが、比較的落ち着いたものにしましょう!

 

※注意したいのが皮製品です※

 

バッグも靴も共通して皮を使っているものやファーなどのついているものなどはやめましょう!

 

殺生して作られているという点からマナー違反になるといわれています。

 

また金具のついているようなバッグもやめましょうね!

 

エナメルなどの光物は、通夜やお葬式などの場合は不可と言われています。

 

靴もバッグも注意すべき点は同じです。

 

また、ショルダーバッグなどを持っている場合は、肩掛けをせず、紐部分を持って歩くようにしておきましょう!

 

靴やバッグですが、色は黒色に統一するのが良いでしょう。

 

また、靴の内側の色が気になる方も居るかもしれません。

 

その場合は、黒い靴敷を入れて、目立たなくする工夫もあります。

 

意外に足元は、見られてないようで見られていますよ!

 

関連記事:お通夜での靴のマナーについて!男性はどこを気にすればいい?

 

それ以外の小物類として持ち合わせるハンカチなどですが、靴なども黒なので黒っぽいものと思われがちです。

 

ハンカチは、無地であればいいですが白を持っている方が結構いますね!

 

これもまた土地の風習もあります。

 

もし、参列する方が若い場合には、親世代、もしくは祖父祖母世代の方に聞いてみると良いです!

 

「今どきの~」という言葉は、できるだけ言われないようにしたいですね。

 

・数珠は必要?

数珠についてもないよりは、きちんと持参しているほうが良いですね!

 

ただ、数珠の貸し借りは基本的にしないほうがいいので、どうしてもなければ無くても問題にはなりません!

 

予備に準備しておくというのもありです。

 

そして数珠には厄除けの意味も含まれていますので、守ってもらえるものとして重宝もしますので、準備はしておきましょう!

 

最近は、コンビニでもいろいろと揃えられる時代。

 

100円ショップでも間に合わせであれば、購入することはできます。

 

お通夜の開始される時間帯によりどうしても間に合わなければ仕方ありませんが、一般的なマナーとして少し気にかけてみてくださいね!

 

保存するときもきちんと保存をしておいてください。

 

数珠も消耗品ですので、使っている間に房が切れてしまったりする場合もあります。

 

その時の代替品としていくつか置いておくのもありかもしれません!

 

こちらで数珠について詳しく解説してます!

 

関連記事:葬儀での数珠の使い方や選び方を解説!

●夏場のお通夜の服装は?

 

さて、夏場に行くお通夜の服装は、どのようなものが良いでしょうか?

 

なかなか悩む部分はありますよね。

 

基本的には、夏場も冬場もお通夜に行く服装の違いは、さほどありません。

 

ワイシャツは、半袖でも問題ではありませんが、お通夜の式の時などは、上着着用は、必ずしてください。

 

また、夏仕様の礼服などもありますが、オールシーズン用のものを準備しておけば一組のみの準備で終わりますよね。

 

そこまでの金額を出さなくても最近は、購入することができますので、オールシーズン用を持っておきましょう!

 

オールシーズン用は、金額もそこそこの金額であります。

 

安いものでは、大体30,000円位からがおススメですね!

 

黒の布地は、色が濃ければ濃いほど高級と言われています。

 

ですので、見る方が見れば、生地の質などから大体の価格がわかるのだそうです。

 

色々な方が参列するお通夜。

 

一度の失敗が尾を引くことのないに注意したいですね!

 

気を付けていても、細かな事柄は、経験してみないと分かりません。

 

過去の常識の形も現在では変わりつつあります。

 

現在のやり方にあったやり方をしてくださいね!

 

夏のお通夜での服装については、以下で詳しく解説しています。

 

関連記事:お通夜での服装について!夏なら男性は上着を着なくてもいいの?

 

●冬のお通夜での服装は?

 

冬のお通夜での服装ですが、オールシーズン着られる喪服であれば、特に問題にはなりません。

 

しかし注意したいのが、コートや小物類です!

 

さきほども少し書いたのですが、毛皮などのコートの場合は殺生をイメージさせてしまうため、厳禁となっています。

 

コートなどにもいろいろマナーはありますので、覚えておきましょう!

 

コート以外にもバッグや靴も基本的には、動物の毛を使ったもの等は、殺生をイメージさせてしまいます。

 

「死」の連想がされやすいため、絶対に避けるようにしてください!

 

どのタイミングで行われるお通夜もさほど内容は変わりません。

 

服装も同じです。

 

夏場でも男性の場合は、式のなかでは上着を着用するのは同じです。

 

そのあたりに変化がないというのも覚えておきましょう!

 

また、お通夜の場合、黒っぽいスーツなどを着て参列するとします。

 

ブラックフォーマルを着ている方がいるとすると、全く色が違うことが分かります。

 

恥かしい思いをしたくはないですよね。

 

無難な色で行くのがいいですが、もし平服で行く場合は冬場の場合も急いできた旨を伝えるなどするようにしてくださいね!

 

ひと言あるのとないのでは、やっぱり印象が変わりませんか?

 

急いで駆け付けたということを伝えてみてください。

 

そうすれば、ある程度分かってもらえるかもしれません。

 

●まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

お通夜での男性の服装は、急なら私服でもいいの?

 

についてまとめてみました!

 

もともとのお通夜の意味合いからすると、お別れをする式。

 

急いで駆け付けるのであれば、落ち着いた色目でもOKです!

 

最近では、お通夜の参列のみの方も増えてきました。

 

ブラックスーツでの参列も多いため、浮いてしまうこともあります。

 

少し工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

葬儀やお通夜のマナーは結構微妙なニュアンスの場合があります。

 

何度か出てみないとわからないこともありますので、少し意識してみてくださいね!