弔電はいつまでに届くように送るの?費用や安く送る方法も紹介!

スポンサーリンク
参列者はこちら

 

葬儀に参列したいけど、妊娠中で無理ができず参列できない。

 

また、遠方での葬儀で、仕事の休みの都合が付かず参列することができない。

 

参列したいけど、どうしても参列できない・・・・。

 

こういう時に利用するのが弔電なのですが、弔電ってなかなか送る機会がないんですよね。

 

「いつまでに送ればよかったっけ?」

 

「どこに届くように送ればよかったっけ?」

 

などなど。

 

そこで今回は、弔電を送るタイミングや届先、弔電にかかる費用や安く送る方法などを紹介していきたいと思います。

弔電は訃報を聞いたらすぐに手配する

 

弔電は訃報を聞いたらすぐに手配しましょう。

 

弔電は一般的にお通夜に届けるのですが、お通夜に間に合わない場合は葬儀に間に合うように届けるようにしましょう。

 

1つ注意する点として覚えておきたいのが、弔電が届くのが葬儀の開始時間よりも早すぎる場合は受け取ってもらえないことがあります。

 

なので、お通夜や葬儀の時間はしっかりと確認するようにしましょう。

 

弔電の送り先はお通夜や葬儀をする葬儀場

 

弔電は葬儀を行う葬儀会場に送りましょう。

 

何度か弔電を送ったことがある人なら迷うことはないですが、初めて弔電を送る時ってどこに送ればいいか悩んじゃいますよね。

 

「自宅に送ればいいのかな?」

「葬儀場に送ればいいのかな?」

 

この悩みって初めて弔電を送る人なら誰しもが通る道です。

 

周りに聞ける人がいればいいですが、そうじゃない場合もありますよね。

 

なので、「弔電を送るなら葬儀場に」という事は頭の片隅に置いておきましょう。

 

自宅で葬儀を執り行う場合

葬儀は葬儀場などで執り行う場合と、自宅で執り行う場合がありますが、自宅葬の場合の弔電の送り先は自宅となります。

 

家族葬で弔電を送る場合

 

近年執り行われる事の多くなってきた家族葬。

 

家族葬の場合は、弔電を送る事は控えた方がいいでしょう。

 

家族葬は香典や供花をお断りするのが一般的で、弔電もお断りしている事がほとんどです。

 

どうしてもお悔やみの気持ちを送りたいのであれば、葬儀後に家族葬を終えたことを知らせるハガキが届いた際に、手紙を書いて送るのがいいでしょう。

 

弔電にかかる費用は文字数と台紙で変わる

 

お通夜や葬儀に参列できない時にお悔やみの気持ちを表す方法として送られる弔電。

 

よく利用される弔電サービスと言うと、NTTが提供しているD-MAILなどがありますが、D-MAILは文字数で費用が大きく変わってくるんですよね。

 

参考までにD-MAILを利用した時の文字数での費用を表にしました。

 

D-MAILを利用した際の料金表WEBからの申し込み電話での申し込み
文字数(メッセージ・差出人も含む総文字数)通常料金お届け3日前までの申し込み通常料金お届け3日前までの申し込み
25字まで660円510円700円550円
26〜30字750円600円790円640円
31〜35字840円690円880円730円
36〜40字930円780円970円820円
41〜45字1020円870円1060円910円
46〜50字1110円960円1150円1000円
51〜55字1200円1050円1240円1090円
56〜60字1290円1140円1330円1180円
61〜65字1380円1230円1420円1270円
65字以上上記料金に5文字増やす毎にで90円を加算

 

お届け3日前までの申し込みで150円安くなるのは一見するとメリットのような気もしますが、訃報を前もって予測する事は不可能なので、祝電ならメリットとなりますが、弔電に限るとデメリットとなります。

 

そしてもう1つ。

弔電にも祝電にも台紙がつくんですよね。

 

この台紙も料金だけで見ると結構大きな額になります。

 

NTTのD-MAILで使える台紙も種類はいくつかあるんですが、ほとんどの方が利用するという事もあって、誰かと被ってしまう事が多々あります。

 

それにいくら高価な台紙を選んだとしても、遺族に台紙の料金なんてわかりません。

 

お悔やみの気持ちというのは、台紙の高級さではなく中に書かれている文章で判断されると言っても過言ではないかと思います。

 

弔電にも定型文という決まりきった文章がありますが、やはり遺族にお悔やみの気持ちを伝えるならオリジナルの文章が1番いいんですよね。

 

料金を気にせず弔電を送るならVERY CARDがいい

 

NTTが提供しているD-MAILは文字数で金額が大きく変わるので、ほとんどの場合、定型文を送るだけになってしまうのが大きなデメリットとなってしまいます。

 

 

 

それに費用も結構高いんですよね。

 

また、こんな事例もあるみたいです。

 

 

お悔やみの気持ちを伝えるものだから金額であれこれ言うのも気が引けますが、やはりお世話になった方への弔電なら定型文ではなく、しっかりとお悔やみを伝えたいですよね。

 

「文字数など気にせず弔電が送れれば・・・」

 

と思う人も多いでしょう。

 

オリジナルの文章でしっかりと弔電を送りたいならVERY CARDが1番アナタのご希望に沿う事ができます。

 

VERY CARDの大きな特徴は、350字まで文字数が一律料金であるということ。

 

費用は台紙の料金だと思っていただければいいでしょう。

 

台紙の料金も1280円〜とリーズナブルになっているので、利用する方も料金のことをあれこれと考えずに弔電を送る事ができます。

 

それに、350文字というとオリジナルの文章で弔電を打つ事が出来ますし、定型文の間に故人との想い出などを書いて送る事も可能です。

 

台紙の種類も豊富にありますが、台紙は遺族側からするとそこまで気にするものではないので、正直どれを選んでも問題はないかと思います。

 

また、利用者の口コミも満足度の高いものが多いのも特徴ですね!

 

 

 

 

デメリットあげるとするならば2つだけ。

 

それは、

 

・電話でのお申し込みが出来ないという点

・支払いがクレジットカードのみという点

 

だけです。

 

なので、電話での申し込みを希望する方や、クレジットカードをお持ちでない方は利用する事が出来ませんが、この2つのデメリットに該当しない方ならばメリットだらけの電報サービスだと言えます。

 

文例も1000種類と豊富にあるので、どのような方への弔電でも対応する事が可能です。

 

お世話になった故人へのお悔やみの気持ちなので、定型文ではなくオリジナルの文章で弔電が送りたい方は1度公式サイトを見てみてもいいでしょう。

 

VERY CARD公式サイトはこちら

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

弔電って何度も送るものではないですし、間隔が空くと色々と忘れたりする事も多いので、いざその時になると頭に「?」が浮かぶ事が多くなってしまいます。

 

送り先やいつまでに届ければいいのか、迷った際はこの記事を参考にして頂けると幸いです。

 

VERY CARD公式サイトはこちらから