海洋散骨後のお参りはどうすればいい?お墓がない場合の供養方法を紹介!

散骨葬

 

近年、海洋散骨が流行していることは皆さんご存知でしょうか?

 

今回はそんな海洋散骨について詳しく解説していきます。

 

海洋散骨後のお墓参りや、お墓がない場合の供養方法などを中心に解説していくので、海洋散骨をお考えの方は是非参考にしてみてください。

海洋散骨とは新しい葬送のあり方

 

海洋散骨とはお墓を用意せず、広い海をお墓の代わりとする新しい葬送のあり方です。

 

一般的には自然葬と呼びますが、近年は海洋散骨などの自然葬の数が増えており、今までの普通葬とは違った形の葬送の方法が選ばれています。

 

海洋散骨を選ばれる方の多くが、

 

・「自然に還る」

・「海に還りたい」

・「死後は母なる海に還り人生の最後を迎えたい」

 

と考えており、今までになかった新しい選択肢なのかもしれません。

 

葬送の方法も時代と共に移り変わり行くものですし、海洋散骨といった自然葬が新しい葬送のあり方を指し示しているのでしょう。

 

海洋散骨が選ばれる理由として、これまでにない形での葬送を故人が望んでいたり、墓守の事を考え散骨を選んだりと理由は様々あり、人の意向に寄り添った葬送の形がこれからは選ばれるのかもしれません。

 

 

菩提寺があっても散骨はできます

菩提寺があっても海洋散骨は問題なくできます。

 

その場合は生前に菩提寺に海洋散骨での葬送の旨を伝え、菩提寺のお墓に入らない事を伝えます。

 

そうなった場合、檀家から外れることになるので、事務処理的な作業をお寺の住職と共に進めましょう。

 

また散骨自体は個人で行っても可能ですが、海洋散骨を希望の場合はそれ専門に行っている業者に頼んで散骨を行いましょう。

 

散骨は個人で行っても法律や条例に引っかかることはありませんが、いくつか法律で決まっている事もあるので事前の準備が必要になります。

 

以下で海洋散骨をするにあたり、知っておきたい幾つかの知識をご紹介しましょう。

・親族への理解

これは一番初めに行う必要があります。

 

代々のお墓などがある場合などは家族・親族の理解がなければ散骨は到底行えません。

 

まずは身内の理解を得てから海洋散骨を行うようにしてください。

 

・海洋散骨専門のセレモニー業者への相談

海洋散骨を請け負っている業者に費用の相談やセレモニーの種類を相談しましょう。

 

一口に海洋散骨といっても散骨の形やセレモニーの形も様々あるので、ご自身にあった形のセレモニーを選ぶ必要があります。

 

また業者を通して散骨を行うメリットとしては、海洋散骨を禁止しているエリアもあるので、場所の選定や自治体への許可なども含めて業者にお願いできます。

 

専門的な知識をもった業者にお願いする事で無用なトラブルを回避できるため、個人で行うよりも安心でしょう。

 

・遺骨を少し残し菩提寺に納骨するかを決める

散骨も全て散骨する場合と、手元に遺骨を残す場合があります。

 

遺骨を残すのであれば遺骨の納め場所が問題になりますので家族や親族と相談しましょう。

 

菩提寺がある場合は納骨先を菩提寺に選ぶこともできます。

 

もし遺骨を残さないのであれば、全て散骨してもよいでしょう。

 

関連記事:骨を海にまく(海洋散骨葬)って費用はどのぐらい?自分でする事もできる?

 

海洋散骨後のお参りの方法は?

 

ここからは海洋散骨のお墓参りの方法を詳しく解説していきます。

 

海洋散骨といっても遺骨をどうするのかなど分らない部分が多くあり、供養の方法を悩んでいる方も多くいます。

 

以下で詳しく解説していきますので参考にしてください。

 

遺骨を一部手元に残す

遺骨の一部手元に残す場合、菩提寺のお墓に納骨するか、ガラス瓶などにつめて家の仏壇に納めるなど方法があります。

 

また最近では粉骨に圧力をかけてダイヤモンドにする技術などもあり、遺骨が遺品になるサービスもあるので、ご自身にあった方法で遺骨を納めるようにしてください。

 

亡くなってもなお輝き続ける遺骨ダイヤモンドなどは故人も浮かばれると思います。

 

散骨した場所まで船で行く

散骨の方法として沖まで船で向かい、広い沖で散骨をする散骨の形があります。

 

その散骨の形を選んだ場合は、お墓参りとして船を借りて散骨した場所まで向かいお墓参りとします。

 

沖まで出てお墓参りをするとなると船を借りる費用がかかり、また船上での事故も考えられるので、そういった事情も込みでお墓参りを考える必要がありそうです。

 

陸地から故人を偲ぶ

散骨をした海の陸地から故人を偲ぶ方法もあります。

 

言ってしまえば「海そのものがお墓」と考えられるので、陸地から故人を偲ぶ形は墓前にいて故人を偲ぶような形です。

 

どういった形でも「故人を偲ぶ」ということが重要であって、昨今では故人を偲ぶ形そのものは重要視されていません。

 

しかし「どんな形でも」といっても周りの理解があってこそ初めて成立するので、あまりにも勝手な形や突飛な形は避けるようにしましょう。

 

散骨した沿岸で親族で集まり食事をしたり、談笑したりする形も故人を偲ぶ形としてはいいのかもしれませんね。

散骨でもしっかりと成仏できます

 

散骨でも成仏は出来ます。

 

仏教では追善供養が重要とされており、形よりも故人を偲ぶ重いが故人の魂を救い成仏に導くと説かれています。

 

日本人は形や形式にこだわるあまり、事の本質を見失いがちになります。

 

たしかに、しっかりと形を整え皆がお墓参りできるように整えて故人を偲ぶことも大切です。

 

しかし、何よりも大切なのは故人を悼み偲び冥福を祈ることだといえます。

 

豪華絢爛にすることが故人の供養とは限らず、そこに真心がこもっていなければ何の価値もありません。

 

ですので、お墓に入れば故人は成仏するというわけではないので、海洋散骨で葬送を行っても何の問題もありません。

 

大切なのは故人の追善供養ですので、遺族の供養の気持ちが故人を成仏に導けるかどうかになってきます。

 


まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

海洋散骨といっても、まだまだ新しい葬送の形ですので、分らない事や知らないことが一杯だと思います。

 

またお墓参りや故人の成仏なども考えれば、既存の葬送の形の方がいいとも考えられるでしょう。

 

しかし、既存の葬送に囚われず新しい形での葬送を試みるというのも現代に生きる私達の新しい選択肢なのかもしれません。

 

常識に囚われず自由な形で最後を迎えるということも生前の新たな楽しみをいえるでしょう。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

 

この記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。