葬儀費用の金額を安く抑える3つの方法を紹介!平均相場と内訳についても!

スポンサーリンク
葬儀

 

葬儀に参列する回数は多くても、葬儀を執り行う事というのは人生において何度も経験する事ではないですよね。

 

大切な人が亡くなったことによって心身共に弱りきってる時は冷静な判断もできず、言われるがままに葬儀を執り行い、あとから高額な葬儀費用を請求されて支払ってしまう。

 

という何とも心苦しい事案が多いそうです。

 

葬儀というのは急に行うことが多いですし、費用などをしっかりと調べる時間ってほどんどの場合ないんですよね。

 

しかし、前もって調べていれば高額な葬儀費用を支払わなくても葬儀を執り行う事は可能なんです。

 

今回は、葬儀費用を安く抑える方法や内訳、葬儀における平均相場などを紹介していきたいと思います!

葬儀費用の平均相場と内訳はどのぐらい?

 

日本消費者協会の調査によると、葬儀費用の平均は196万となっているそうです。

 

意外と知らない葬儀費用の平均ですが、196万円という数字を見るとほとんどの人が高いと感じるんじゃないでしょうか。

 

(単位:万円)
通夜からの飲食接待費30.6万円
寺院への費用47.3万円
葬儀一式費用121.4万円
葬儀費用の合計195.7万円

 

葬儀一式の費用のみで見てみても121万円とやはり高額。

 

ここに飲食代やお寺などへの費用を足していくと一般的な葬儀を行う時に掛かる平均費用が196万円になるというわけなんですね。

 

もちろん費用の説明などは葬儀社の担当からされるのですが、悲しみに暮れている時は、この196万という金額も耳に入ってこず、のちの請求でアタフタすることが多いそうです。

 

さらに、

 

葬儀社より不必要に盛大な葬儀を提案されて高額になった。

 

・最初の見積金額では安いと思ったが、葬儀を進める中で次々とオプションを追加された。

 

などというケースもあるそうです。

 

葬儀の規模や自身の希望する葬儀などがあると思うので、そこはしっかりと把握しておくことが大切です。

 

葬儀を安く抑える3つの方法

 

葬儀に関する平均相場が分かったところで、一般的な葬儀を執り行う際に掛かる平均196万円という金額を安く抑える3つの方法を紹介していきたいと思います。

 

1、直送葬儀

お通夜や告別式を執り行わずに火葬のみの葬儀をする直送葬儀。

 

火葬式という言われ方もしています。

 

従来の葬儀の葬儀の流れが、

 

臨終、お迎え・安置、納棺、通夜、告別式、出棺、火葬、骨上げ

 

となっているのですが、火葬式の場合は、

 

臨終、お迎え・安置、納棺、出棺、火葬、骨上げ

 

というふうに変わります。

 

通夜や告別式を執り行わない為、従来の葬儀よりも安価になっています。

 

関連記事:葬式をあげない火葬のみの直送葬儀とは?香典はどうする?

 

2、1日葬

1日葬というのは、従来の葬儀でいうお通夜を執り行わずに1日で葬儀を終わらせる葬儀の方法です。

 

お通夜を執り行わないというだけで、他の流れは従来の葬儀と変わりはありません。

 

火葬式のようにゆっくりと最期の時を過ごせない事もないですし、参列者もごく少数となるので従来の葬儀に比べると費用を抑えることができます。

 

3、家族葬

最近よく耳にするようになった家族葬。

 

こちらも従来の葬儀と流れは変わりませんが、家族葬という名前の通り、親族や親しかった友人などしか参列しないという特徴があります。

 

また、香典などもお断りしているケースが多いので、香典返しなどといった費用を抑える事もできます。

 

このように葬儀1つ取っても知ってるか知らないかで費用はかなり抑える事ができるんです。

 

家族葬については、こちらで詳しく解説しています!

 

関連記事:家族葬のマナーと流れを紹介!費用とどこまでが呼ぶ範囲かを解説!

 

関連記事:小さなお葬式の家族葬の口コミ評判から考えるクレーム無しで失敗しない利用方法とは?

葬儀費用を抑えるなら葬儀社の比較が何より大切!

 

葬儀の費用を安く抑える方法として3つ紹介させて頂きましたが、葬儀社って数が多くて優良な葬儀社を1から探すとなると時間も手間もかかってしまいますよね。

 

昔から付き合いのある葬儀社がある場合は悩む事もほとんどないかもしれないですが、初めて葬儀をする場合や費用の比較をしたいと思う方は1度料金の比較をしてみるのが大切です。

 

こちらで紹介している【葬儀レビ】なら全国400社の中から最大10社の無料見積もりが可能です。

 

最大10社の葬儀内容や費用を無料で比較をしてみる

 

1度入力フォームに記入するだけで400社の中から、住んでる地域や条件に合わせて最大10社の葬儀社に無料で見積もりを請求することができます。

 

さらにNHKの番組やガイアの夜明けで紹介された実績のある葬儀社が多数参加しているのも安心できるポイントです!

 

※資料請求の手順も簡単※

①予算、場所、希望の葬儀スタイルを記入

②該当する葬儀社の紹介と見積もり

③納得できれば葬儀レビが手配

 

という形になっています。

 

無料で資料請求してみる!

 

ご利用に関する費用なども一切なく、24時間365日対応してくれているので急な依頼でも安心してサポートを受けることができるのも大変助かりますね!

 

また、口コミを見てみると以下のような口コミが多く見られました。

 

葬儀レビを意識するようになったのは、最近同級生が続けざまに亡くなってなんだか自分も突然死ぬかもしれないって強く思ったこと。
やっぱり50代っていろいろな意味で危うい年代。
だから健康に注意する一方で、さりげなく終活を考える時代に差し掛かっているんだなあ、って思う。

葬儀レビなら、いまの自分が希望する理想の葬儀の形が決められるから、それだけでも家族に迷惑かけないでいいと思う。
しかもけっこう選択肢が多くて、条件や要望にあった状態から葬儀が探せるからいい。

参照:https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/166

 

葬式を出すにあたって葬儀レビを利用して最適な葬儀社を探すことにしました。
葬儀レビでは幸いなことに素晴らしい葬儀社さんを紹介してもらうことができました。

口コミを見ていると良くない業者にあたったという人も少なからずいるようですが
やはりこれだけ多くの葬儀社が登録されている葬儀レビですので
ある程度はそんな良くない業者が混じっている可能性はあるかもしれません。

参照:https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/166

 

葬儀レビでありがたいと思ったのが、自身のニーズに沿った葬儀社を探しやすいという点ですね。
ニーズとしては基本的には費用と地域なんですが、全国の葬儀社が登録されている葬儀レビだけあって、非常にたくさんの選択肢を提示してもらうことができました。
幸いにして対応してもらった葬儀社さんが非常に丁寧で優秀なところだったので、こちらも安心して葬式を出すことができました。

参照:https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/166

 

利用者の口コミを確認!

 

また、葬儀レビは365日24時間、電話対応も可能です!

 

・今すぐ葬儀社を紹介してほしい

・突然の事でどうすればいいのかわからない

・追加費用がないか不安

・とにかく相談がしたい

 

お電話での問い合わせはこちら!

 

 

※そして期間限定※

葬儀レビを通して葬儀を行った方には最大2万円のキャッシュバックあり!

 

公式サイトはこちら!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

葬儀費用の金額を安く抑える3つの方法と内訳を紹介!平均相場が高すぎる!

 

という内容でお送りさせていただきました。

 

知っているのと知らないのとで大きく費用面で差が開いてしまう葬儀。

 

葬儀社の数が多くなり、どんな葬儀社を利用すればいいのか分からなくなる事も多いですよね。

 

いざという時アタフタしない為にも葬儀社の比較や葬儀の内容などはしっかりと決めておきましょう!