葬儀で遠方からきた人の交通費や宿泊費はどうする?

スポンサーリンク
葬儀

 

経験するとわかりますが、葬儀は非常に忙しく慌ただしいものです。

 

喪主や遺族になってみると思っていた以上に葬儀に関する知識がないこと思い知ります。

 

家族の誰かが亡くなって葬儀を行う際に、親戚や亡くなった人と親しかった友人達を通夜や告別式に呼ぶことがあります。

 

中にはわざわざ遠方から来られる参葬者もいて、飛行機や新幹線などで高い費用を払って突然の葬儀に来ていただいているのだから、交通費や宿泊を支払う必要があるのではと疑問に思ってしまいます。

 

しかし葬儀費用は高く急な出費となるため用意が難しくどうすればいいのか分からなくなる方は多いのではないでしょうか。

 

今回は、葬儀で遠方からきた人の交通費や宿泊費はどうする?

 

ということで、葬儀に遠方からきた方の交通費や宿泊費などについて解説していきたいと思います!

遠方から葬儀に来た親族の交通費の負担は誰がする?

 

参葬する人達の交通費は、原則として参葬者の自己負担というのがならわしです。

 

喪主が参葬者の交通費を準備する慣習や、そしてそういった責任はありません。

 

同じ冠婚葬祭の結婚式は、お車代などの名目で交通費を全額負担します。

 

結婚式の場合は、お祝いの席に友人や同僚などの出席してほしい人達を招待するという意味合いが強いため、主催者が交通費を負担するのが常識となっています。

 

しかし葬儀は、残された遺族が亡くなった人の冥福を祈るために集まるという儀式です。

 

参葬者は自身の意思で故人の冥福を御祈りをするために赴くものという意味合いですので、交通費は参加する人が用意するのがならわしです。

 

そのため、負担しなくていいんだと思いがちですが、宗派や地域によって多少違ってきますし世間体や世間の目というものがありますよね。

 

更に相手が親族となれば、こちら側で負担しなければなりません。

 

本来は負担しなくてもいいのですが、やはり負担する人達の方が多いようですね。

 

そしてその負担をするのは、喪主になります。

 

喪主の多くの人が相続人となるため、葬儀の行いの全てを担当し負担するすることになります。

 

しかし葬儀は金銭的にも急な大きな負担となりますよね。

 

そのため喪主が全額負担するのは難しくなってきます。

 

そういった場合は親族達に相談して費用負担をお願いする方がいいでしょう。

 

そして費用負担する者が皆の納得いく形になるよう話し合うのが理想ですね!

遠方から葬儀にきた親族の宿泊費は?

 

交通費と同じように宿泊費も原則として参列者の自己負担というのがならわしなのですが、交通費と合わせて宿泊費も負担している喪主の方が多いようです。

 

しかし葬儀は参列者の数にもよりますが、火葬場代、会館使用料、香典返し代、お布施、戒名料、位牌料、喪主花代、マイクロバスやタクシー代、法要会食代、お返し品代など全てで平均で350万ぐらいかかります。

 

そこに交通費や宿泊費を入れてしまうとかなりの高額な出費となってしまいます。

 

ただ、交通費と違い宿泊費は葬儀のスタイルにより軽減することができます。

 

もし軽減したい場合は、一日葬や直葬は注目です。

 

 

通常、葬儀はお通夜から告別式、そして火葬まで2日間かけて行います。

 

しかし時代の変化もあり、葬儀をシンプルにそして家族の負担や費用の負担を軽減したいという人が増えてきました。

 

その中で誕生したのが一日葬や直葬です。

 

通夜は行わず、告別式と火葬だけで済ませるのが一日葬で、告別式も行わず火葬だけで済ませるのが直葬となります。

 

どちらもお通夜が省略されるため、飲食接待費などの費用を抑えることができるんですね。

 

それだけではなく、葬儀に参加する人と接する時間も短縮できるため、喪主や遺族の負担が軽減されるということもあり、大がかりな準備は不要になるので遺族は大切な故人を弔う事に専念できるようになります。

 

またお通夜とは異なり日中に行なわれることが多いため、遠方からの参葬者が多い場合には宿泊費が軽減できるといったメリットもあります。

 

宿泊場所も抑えておくべき?

宿泊場所は自身の家に宿泊できる所があればベストですが、家のスペースでは間に合わないケースも多いですよね。

 

宿泊は交通費と違い事前に予約ができるので、宿泊できる施設を取って抑えておき、参葬者個人や喪主が支払いを済ませていただければ葬儀をスムーズに進めることができます。

 

宿泊できる施設を用意したりしておくと相手に対する配慮が伝わるので関係性が維持できますし、葬儀の段取りを円滑に進めます。

 

特に遠方からの参葬者は土地勘がない人や高齢者、体の不自由な人がいる場合があるので、心遣いとして喪主が式場までの移動に時間がかからない式場付近の宿泊場所を予約して差し上げるとスムーズです。

 

最近ではお通夜から告別式、そして場合によっては火葬までを同じ葬儀場でできる所が増えています。

 

全国各地にある同系列の施設がある葬儀社ではスタンダードな設備として宿泊施設を併設している所が多いですよ!

 

そのため、個人でホテルの予約などが難しい場合は、宿泊できる施設が併設している葬儀場を選び葬儀社と事前に相談をしておいた方がいいでしょう!

 

葬儀場の宿泊はベッド・布団だけが置いてあるシンプルと所からホテル顔負けの設備が整った所まで、様々なタイプがあります。

 

もし、事前の相談で葬儀社の宿泊できる場所が利用可能ならば、その場所に泊まってもらっても失礼には当たりませんし料金も抑えられます。

 

もし宿泊施設が無い場合には、葬儀社の方からホテルの手配をしてくれることもありますので、宿泊施設の確保が難しくなることはなくなります。

 

ただ、葬儀社によっては宿泊できる施設の使用やホテル手配の紹介説明がない場合があるので注意が必要です。

 

直前になって慌てることのないように、葬儀社との相談や打ち合わせは十分に行いましょう!

 

遠方から葬儀にきてくれた人へのお礼はどうする?

 

上記でも書いた通り、本来は交通費や宿泊費は払わなくても良いのですが、もし遠方からきてくれた人へのお礼に悩んでいる場合は交通費や宿泊費を支払うことをお礼としてもいいでしょう。

 

しかしこの時、現金でお礼をするとあまり良く思わない人もいらっしゃるので注意が必要になります。

 

その他にも遠方から葬儀に参列する人達にその場でお礼の挨拶するだけでも良いですし、後日お電話や手紙でお伝えしても良いですし、どのようにお礼の気持ちを伝えるかは特に決まりはありません。

 

お歳暮やお中元といった品物を贈ることで気持ちを伝えるのもアリですね。

 

もちろん品物を贈ることが重要ではないのですが、感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切です!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

葬儀はお招きするものではなく、参列者が自らの意思で亡くなった人の冥福を祈るために参列するものなので、交通費や宿泊費を喪主もしくは遺族が負担するというならわしは無いと考えて構わないです。

 

それだけではなく、葬儀費用は高額で急な出費となるため無理して払う必要性はありません。

 

しかし世間の目というものがありますので、払える費用があるのなら相手から穏便な断りがない限り支払う方がこれからの関係を維持していくためにも無難かと思われます。

 

そして、宿泊費などを払わない場合でも、土地勘がなく場所がわからない方、ご年配の方や体が不自由な方で急な移動が難しい方などには、葬儀場から近い宿泊先を予約してあげる必要があるかと思います。

 

また、ご家族代々の風習によっては、交通費や宿泊費を現金でお渡しする場合もありますので、遠方からの参列者に対する交通費や宿泊費のお支払いについては、家族で事前にどうするべきなのか相談しておいた方がいいですね!

 

葬儀に参葬してくださった方に対し交通費や宿泊費を負担しなかった場合、葬儀の後のお返しの品にお礼状を添えてお礼をするか、どうしても金品を送りたい場合は、お中元やお歳暮で感謝の意を表すようにしましょう!