お通夜での女性の髪型や髪色のマナー!ショートやロングのアレンジを紹介!

スポンサーリンク
参列者はこちら

 

別れは突然訪れるものです。

 

突然、お通夜・葬儀に参列することになった時、服装・作法などに戸惑う方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、髪型まで配慮できている人は意外と少ないものです。

 

ご遺族の方々に失礼のないように、大人の女性として知っておきたい通夜・葬儀参列の際の髪型についてご紹介します。

 

<お通夜での服装はこちらから>

 

お通夜での女性の髪型のマナー

 

ロングやセミロングの髪をまとめる際には、黒のヘアゴムで耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。

 

シュシュやバレッタなどの髪留めを使用する際には黒色でシンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

髪色は軽い茶色であれば参列に問題はあまりないのですが、基本的には黒く染め直すか、黒く染めるスプレー等で一時的に色を抑えるのが良いですね。

 

ポイントは清潔感があり、遺族に不快感を与えないことです。

 

ふんわりとしたパーマなど、柔らかいふわふわしたヘアスタイルはマナー違反とされています。

 

また、髪の毛によって顔が隠れないように気をつけましょうね。

 

特に焼香の際などかがみこんだ際に前髪が落ちてきたりしないようにヘアピンで留めるなど、きっちりまとめるのがポイントです。

 

そして、前髪に関しては目にかかるような長い前髪は避けたほうがよいでしょう。

 

髪が長いなら後ろで一つにまとめて、短ければ耳を出すようにします。

 

寝ぐせも整える必要がありますが、整髪料をつかって髪を立てたり、テカテカにするのはまずいので使い過ぎないように気をつけましょうね!

お通夜での女性の髪型でロングヘアの場合のアレンジ方法

 

ロングヘアの人は特にヘアスタイルには注意しましょう。

 

焼香時などで髪が邪魔にならないように、顔に髪がかからないようにするのが基本です。

 

長い髪の毛は耳よりも低い位置(うなじの高さ)で後ろに一つにまとめます。

 

髪をまとめるゴム類はすべて「黒」で統一しましょう。

 

葬儀はあくまでも故人を偲ぶセレモニーですので、お洒落は不要と考えてください。

 

髪の毛の露出を抑えるために、ヘアネットやバレッタでひとつにまとめるのも良い方法です。

 

シンプルなハーフアップを、と思われる方もいらっしゃいますがマナーが気になるところ。

 

結論はハーフアップは葬儀には避けたほうがよいでしょう。

 

髪の毛をたらすハーフアップは、お洒落な感じを相手に与え、悲しみの席にはふさわしくありません。

 

長さがあるのなら後ろでシンプルに束ねましょう。

 

できれば三つ編みや編み込みも用いないほうが礼儀とされています。

 

後ろですっきりと華美にならないようにまとめるのが一般的にはマナーが良いとされています。

 

和装の場合は、ロングヘアの人はアップにして、小さくまとめます。

お通夜での女性の髪型でミディアムヘアの場合のアレンジ方法

 

ミディアムヘアなら耳を出して黒いピンでとめ、髪の毛で顔を隠さないようにします。

 

パーマをかけている場合、後ろでまとめて結ぶと毛先が広がって華美な印象を与えます。

 

毛先が見えないように工夫しましょう。

 

和装の場合も同様です。

お通夜での女性の髪型でショートやボブの場合

 

ショートならそのままでも大丈夫です

 

ボブの場合は顔が見えるように耳に髪をかけるなど工夫しましょう。

 

おしゃれ感を出さずにシンプルにまとめるのが鉄則です。

 

また、葬儀の場では、線香の匂いの妨げとなる香りはすべてご法度とされていますのでヘアスプレーやワックスなどを使用する場合は無香のものを選びましょう。

 

お通夜での女性の髪型で意外と気にしていない髪の結ぶ高さ

気にされない方も多いのですが、注意が必要なのは髪の毛を束ねる位置(高さ)です。

 

耳より高い位置のポニーテールにしている方も多いのですが、「耳より上は慶事、下は弔事」と言われるように高い位置でまとめると一般的にはお祝いの席向けのヘアスタイルになってしまいます。

 

黒のヘアゴムで耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。

 

おくれ毛を出したり、両側でふたつにまとめるのは幼くうつり、葬儀の席にはふさわしくありません。

 

まとめ方については「お団子」がおすすめです。

お通夜での女性の髪型で髪飾りやヘアゴムはどんな物を使う?

 

リボンやパレッタなどは、黒で地味なものにしましょう。

 

シュシュやカチューシャなどはカジュアルな印象を与えるので避けた方が無難です。

 

パーマをかけている方は、シニヨンなどでまとめるのもオススメです。

 

大事なのは、何よりも「清潔感」です。

 

だらしのない印象を与えるのは避けたいので、ばらけてきそうな毛はヘアアクセサリーでカバーすると良いでしょう。

 

ただし、葬儀では過度なお洒落は不要です。

 

故人や遺族に配慮することを忘れないようにしましょう。

 

ヘアアクセサリーをつける場合は黒一色で華美・派手に見えないことが最低条件となります。

 

黒色で装飾が目立たず、シンプルで無地であればマナー違反にはならないでしょう。

 

髪をまとめる必要がある場合を除き、可能な限りヘアアクセサリーは避けたほうがいいですね。

 

まとめ髪を簡単に作れるアイテムもありますが、「夜会巻き」などは葬儀には不向きです。

 

お通夜での髪色に決まりはない

 

お通夜での髪色に決まりはありませんが、やはり華美になってしまうのは一般的には好ましくないとされています。

 

あくまでも故人への弔いの気持ち、遺族への配慮を忘れずに装いには気をつけましょう。

 

お通夜に参列する際に明るすぎる髪色は暗くする?

髪の毛を明るく染めている場合は、できれば黒く染め変えるか、シャンプーで落とせるタイプのヘアカラースプレーがおすすめです。

 

すぐに染め直すのが難しいという場合も多いでしょう。

 

その場合はスプレーをかけるだけですぐに染められるものが市販で売られていますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

どのぐらいの明るさなら気にしなくていいの?

 

最近では髪を染めている人が年代・性別問わず多くいますので、金髪に近いような派手さなければ良し、という人も増えてきていますので、華美にならない程度のお色(ダークブラウン系)ならそのままでも大丈夫でしょう。

 

ファッションウィッグ(おしゃれ用のかつら)などは華美な印象を受けるため、ふさわしくありません。

 

清潔感のある、遺族に対して失礼のない印象の装いを心掛けましょう。

 

もちろん、地毛が明るい方や、医療用のかつらを着用している方についてはこの限りではありません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

突然、通夜・葬儀に参列することになった場合、深い悲しみの中で身だしなみの細かい部分まで自分できちんとするのは大変です。

 

しかし、亡くなった人を偲ぶ儀式に参列するのですから、華美にならないように気をつけましょう。

 

第一印象は思っている以上に髪型に影響を受けるもの。

 

髪型ひとつで印象が変わってしまいます。

 

特に遺族として葬儀に参加するのであれば、かなり長時間、服装や髪形に気を遣っていられないことが多いです。

 

出かける時にばらけてほどけてきたりしない髪型を工夫する必要がありますね。