直葬(ちょくそう)の費用はどれぐらい?トラブルや落とし穴があるって本当?

スポンサーリンク
葬儀

 

最近少しずつ耳にすることが多くなってきた直葬という言葉。

 

別名、火葬式というふうにも言われていますね。

 

家族葬などが増える中で、直葬もまた少しずつ割合が増えていってる葬儀の1つです。

 

1番費用が掛からない葬儀方法ですが、その費用の内訳や、トラブル、落とし穴などについて今回はお話していきたいと思います。

直葬の費用はどれぐらい?

 

一般的な葬儀で100万円前後するのですが、直葬の平均的な費用は約19万円というふうになっています。

 

参照:葬儀レビ

 

一般的な葬儀の約10分の1近くの費用で執り行う事ができるという事で、近年、選ぶ人が増えてきているんだそうです。

 

他の葬儀と比べてかなり費用の抑えられた直葬ですが、その内訳はどうなっているのでしょうか?

 

まずは、直葬の内訳を紹介していきます。

 

直葬の内訳は?

 

 

他の葬儀に比べると費用が安価というのが最大の利点でもありますが、その内訳は以下の様になっています。

 

項目内容金額相場
棺・棺用布団・骨壺・仏衣直葬の必需品5〜8万円
ドライアイスご遺体の腐敗を防ぐ為1日1万円
搬送料ご遺体を安置する場所までの搬送無料〜長距離だと20万円ほどかかる場合も有り
搬送料安置場所から火葬場まで無料〜距離に応じて
安置場所使用料ご遺体を自宅以外に安置する場合無料〜
火葬手続き代行葬儀社の社員が市区町村役場にて火葬の手続きを行う無料〜5000円
葬儀社スタッフ人件費直葬の場合は1人の場合が多い4万〜
火葬場使用料県や地域によって様々無料〜5万円

 

一般的な葬儀なら上記の内訳に加えて、「香典返し」「葬儀会場の使用料」などが追加になってきますね。

 

そうなってくると費用が100万円を大きく越えてくる可能性があり、費用面での負担がかなり大きくなってしまいます。

 

また、稀にですが、「10万円以下」で直葬を執り行う事ができるという葬儀社もあるようですが、この場合は他の葬儀社では料金に含まれているサービスが含まれておらず、確実に追加料金として請求してくるので注意が必要です。

 

その為、葬儀の打ち合わせの段階でしっかりとプランの確認をしておいた方が無難と言えますね。

 

直葬の流れ

 

直葬は一般的な葬儀と違い、多数の参列者がくることもなく、お通夜や告別式を執り行うこともありません。

 

この2点が大きな違いとなるのですが、流れについては以下のようになっています。

 

ご臨終

 

お亡くなりになった後、葬儀社に連絡をして故人様をお迎えにきてもらいます。

 

病院で亡くなった場合は「死亡診断書」を書いてもらいましょう。

 

病院などから葬儀社の紹介がありますが、決めている葬儀社がある場合はお断りしても構いません。

 

ご自宅でお亡くなりになった場合は、検死する事があるので、ご遺体の移動は避けるようにしましょう。

 

お迎え・安置

 

日本では死後24時間は火葬ができない決まりになっています。

 

なので、ご寝台でご遺体を安置できる場所まで搬送する必要があります。

 

もしも、ご自宅などで安置できない場合は、葬儀社の安置場所まで搬送します。

 

納棺・出棺

 

故人を仏衣で包み、棺へ納めます。棺には花など一緒に納める事ができます。

 

ただ、不燃物などは一緒に入れる事ができないので、葬儀社の方に確認を取るといいでしょう。

 

火葬

 

お坊さんをお呼びして、火葬炉の前でお経を読んで頂きます。

 

お坊さんを呼ばない事も可能です。

 

骨上げ

 

火葬が終わった後に骨壷に遺骨を納める事を「骨上げ」と言います。

 

骨上げは2人1組で行い、遺骨を同時に挟んで骨壷へ納めていきます。

 

直葬が選ばられる2つの理由

 

 

直葬が選ばれる大きな理由は2つあります。

 

1つずつ説明していきますね。

費用面

まず1つ目は費用面ですね。

 

最初の方でも説明しましたが、一般的な葬儀の平均費用が約90万円というのに対して、直葬だと約19万円まで費用を抑える事ができます。

 

故人や遺族に経済的な余裕がない。

だけどしっかりと見送ってあげたい。

 

という方が多く選ぶ葬儀スタイルでもあります。

 

葬儀に費用をかけたくない

そして2つ目は葬儀自体にお金をかけたくないという場合。

 

これは経済的な余裕と似ている部分もあるのですが、中には葬儀をあげる余裕があっても「葬儀はできるだけ簡素に執り行ってくれ」という方がいらっしゃいます。

 

・残された遺族に迷惑をかけたくない

・従来の葬儀に不満がある

・家族以外の人を入れずに葬儀をしたい

 

こういう考えを持つ方も直葬を選んでいるようです。

 

直葬でのトラブルとは?

 

 

費用もかからず、お願いすれば火葬炉の前でお経も読んでもらえる直葬ですが、中にはトラブルもあるんですね。

 

今回はよくあるトラブルからご紹介します。

 

親族間でのトラブル

少しずつ増加の傾向にある直葬ですが、年配の親族から理解を得るのがかなり大変です。

 

「こうあるべきである」という日本の風習を大切に思う方々が多いので、葬儀ももちろん普通に執り行うであろうと思っています。

 

「故人の意思だから」という理由に聞く耳すら持たない方もいるそうです。

 

そうならない為に、生前に遺書を書く、または親族には直葬する事を話しておくなどの対応をしておく方がいいでしょう。

 

菩提寺からの納骨拒否

菩提寺がある場合に限りますが、直葬はトラブルになる事があります。

 

これはお寺側の考え方によって変わるのですが、直葬をよく思ってないお寺が多いというのが事実です。

 

なぜかというと、直葬の場合は読経や戒名が存在しないからです。

 

なので、お寺側からするとお布施や戒名料などが貰えない場合があるんですよね。

 

そして、結果的に「納骨はできません」という形でトラブルとなってしまうのです。

 

そうならない為にもお寺側としっかりと話をして確認を取りましょう。

 

中には直葬でも納骨を受け入れてくれるお寺もあるので、まずは確認が大切です。

 

葬儀後の弔問客

親族間での問題や菩提寺の問題が片付いて、直葬を執り行い落ち着いた頃に、訃報を聞きつけた方達が次から次へと弔問に訪れる事があります。

 

そうなると遺族は、経緯の説明やお茶を出したりという作業をひっきりなしに行わなくてはなりませんし、それが精神的な苦労になる事もあります。

 

そうならない為に、葬儀後、偲ぶ会を設ける事などを事前に告知しておくといいですね。

 

直葬での落とし穴とは?

 

 

親族間での問題や菩提寺とのトラブルなどがありましたが、直葬にはもう一つ落とし穴とも言える注意点があります。

 

ここさえ気をつければ大丈夫という落とし穴をここでは紹介します。

 

費用の追加請求をされた

費用が他の葬儀と比べてかなり抑えられている直葬。

 

中には「10万円以下で執り行います」という葬儀社もあるそうです。

 

その金額につられてしまい、葬儀をお願いしたが、後々追加で費用を請求されたという事例が多いみたいですね。

 

打ち合わせの段階で内容をしっかりと把握しておけば問題はないのかもしれないですが、悲しみに暮れる中でそこまでの余裕があるのか。

 

不安な場合は絶対に一人で打ち合わせはしない方がいいでしょう。

 

また、生前に葬儀社などを決めておくと、もしもの時でも安心して任せる事ができますね。

 

関連記事:葬儀の事前の見積もりは可能?相談して得られるメリットを紹介!

 

大切なのは葬儀社選び

 

予想外の追加費用を発生させない為には、しっかりとしたプランで遺族に寄り添ってくれる葬儀社を見つけるのが一番です。

 

「とは言ってもそんな簡単に見つかるの?」

 

と思っている方も多いかと思います。

 

最近名前を聞くようになった【小さなお葬式】

 

こちらの葬儀社でも直葬を執り行っており、直葬の中でも更に2つのプランを取り扱っています。

 

・小さな火葬式

・小さなお別れ葬

 

この2プランですね。

 

小さな火葬式は、一般的にいう直葬と同じ内容となっています。

 

そしてもう1つ。

 

小さなお別れ葬ですが、こちらはお別れに必要な最低限のものだけを揃えているので、一般的な直葬に比べると費用がとても抑えられているのが特徴です。

 

ただ、デメリットとして、小さなお別れ葬は無宗教の方に向けたプランとなっているので、仏具などが含まれていないのと、お預かり安置という方法を採用しているので、故人との対面に費用がかかる場合があります。

 

この点も含めて検討してみても良いでしょう。

 

そして、低価格だと不安になる追加費用ですが、オプションなどを追加しない限りは発生しません。

 

オプションをつける必要もないほど内容も充実しているのが最大のメリットですね!

 

小さなお葬式で直葬プランを確認する 

 

また、費用が格安だと不安になることもありますよね。

 

「しっかりとした葬儀になるのか」

「後々、費用の追加をお願いされるのではないか」

 

などなど。

 

ですが、基本的に費用の追加は一切ないですし、経験豊富なスタッフが24時間365日しっかりと相談相手となる為、こちらが不安に思ったことはなんでも聞けるというメリットがあります。

 

費用に関することはもちろん、当日の服装や、難しい葬儀のマナーなどについてもお話を聞いて、一緒に寄り添いながら考え、答えてくれます。

 

まずは無料で資料請求だけでもしてみるといいかもしれません。

 

小さなお葬式の資料請求はこちら 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

現在、増加傾向にある直葬の費用やトラブル、落とし穴などについて紹介させていただきました。

 

しっかりとした葬儀社選びと、周りの方の理解を得ることがとても大切な直葬。

 

ですが、どのような葬儀スタイルであれ、何よりも大切なのは故人を偲ぶ気持ちだと思います。

 

後悔のない葬儀を執り行うようにしたいですね。

 

小さなお葬式の詳細はこちら