葬儀での数珠の使い方や選び方を解説!切れた時はどうする?

スポンサーリンク
参列者はこちら

 

お葬式の時に持参する数珠。

 

持ってはいるけれど、使い方や選び方って案外知らないですよね。

 

今回は、数珠にまつわるあれこれを解説していきたいと思います。

 

順番に見ていきますので参考にしてみてください!

 

葬儀でのマナーとなりますので覚えておくことに越したことはないですよ!

●数珠の使い方や持ち方は?

 

数珠の使い方や持ち方は、宗派によって違うのをご存知でしょうか。

 

適当に使う、適当に持つのはNGですよ!

 

それぞれの宗派ごとに使い方と持ち方などを見ていきましょう。

 

また焼香するときや保存の方法なども合わせて紹介していきます!

 

・宗派ごとの数珠の使い方

数珠の使い方もそれぞれ違います。

順番に見ていきますよ!

 

【真言宗】…数珠を重要とする宗派

数珠の種類:108珠あるもの・親玉・四天玉からなる2重のタイプのもの

長い一連の数珠を2重にして使用する。

房:菊房(表裏あり)

 

【浄土宗】浄土専念宗と呼ばれ念仏を唱えることが重視される宗派

副玉がないほうの輪を左親指と人差し指の間にかける。

副玉が在るほうの輪を左の人差し指と中指にはさみ唱える。

副玉のないほうの玉を親指で手前に繰る。

 

【浄土真宗】‥信念があれば成仏できるという宗派

西本願寺・東本願寺で持ち方で使い方は相違する。

 

【日蓮宗】…法華経信仰宗派

珠1つ1つに数珠曼荼羅があるものがあり菊房がついているもので長い。

一連の数珠に41個の珠がついて輪を8の字にねじって使う。

房が2本出ている方を右手中指に。3つの房を左手中指にかける。

 

【曹洞宗】‥釈迦を本尊として仰ぐ宗派

主珠が108個あり金属が通っているもの。

房は垂らして輪を2重にして使う。

 

【真宗大谷派】…浄土真宗本願寺派と同じ宗派

房は蓮如結びになっていて、数珠は二重に巻き親玉が上になるようにする。

 

【臨済宗】‥師から弟子への悟りを伝達する宗派

主珠は108個あるけれど輪がないタイプで男性よは紐房 女性用は頭付房が付いているもの。

曹洞宗と同じく座禅がメインの宗派のため数珠の使い方は特になし。

 

【天台宗】・・・法華宗が元になっている宗派。

数珠は108個のものを使用。主玉はそろばん玉のような平珠、

房は20個の平珠と10個の丸珠があり、

8寸(女性用)・9寸(男性用)

・太平天台(僧侶用)の大きさがある。

房を垂らし両手人差し指と中指の間に数珠をかける。

 

結構細かい部分ですが少しずつ変化があるのが分かりますね。

 

・宗派ごとの数珠の持ち方

 

宗派によって持ち方もいろいろですので、見ていきましょう!

 

 

【真言宗】…数珠を重要とする宗派

長い一連の数珠を2重にして使用する持ち方となる。

数珠の形:男女同形 珠の大きさだけが違う。

持ち方:【座っているとき】左手で親玉上にし二重にして房を握る

「合掌のとき」両手中指に数珠をかけ合掌。

 

【浄土宗】‥浄土専念宗と呼ばれ念仏を唱えることが重視される宗派

補処(浄明)がついている方を右手中指・緒留めを左親指にかける

房を両手の掌の中に入れる。

 

浄土真宗】‥信念があれば成仏できるという宗派

(西本願のつかいかた)・・房を下に垂らして2連巻、両手をあわす。

(東本願のつかいかた)・・両帆の親玉上に来るように2重に巻く。

両手にかけ左手側に房を垂らす。

 

【日蓮宗】…法華経信仰宗派

まず輪を一ひねりして両手の中指にかけます。

その際左手側に3本の房が来るようにしてください。

 

【曹洞宗】‥釈迦を本尊として仰ぐ宗派

房を垂らし下に向け輪を二重にして左人差し指にかけるようにする持ち方。

 

【真宗大谷派】…浄土真宗本願寺派と同じ宗派

房を上にして両手にかけ房は左手甲に垂らす。

 

【臨済宗】‥師から弟子への悟りを伝達する宗派

特に持ち方に関して何もない。

合掌の時は輪を2重にして左にかけ右手は添える。

 

【天台宗】・・・法華宗が元になっている宗派。

両手の人差し指と中指の間に数珠を掛け、房は下に垂らした状態で、手を合わせます。

座っている時は、2重にし左手に持つ。房は小指側に寄せる。

やはりここでも宗派によって違うことが分かります。

 

数珠の持ち方使い方はポイントを押さえておく必要がありますね!

 

・焼香の時はどうする?

宗派により、焼香の時のやり方も変わってきますが、基本的には焼香の時でも使い方を参考にしてもらうと間違いはありません。

 

一般的な持ち方としては、合掌の時は両手の親指と人差し指の間にかけます。

 

長い場合は、真ん中をクロスし両手中指にかけます。

 

焼香の回数もやり方も宗派によって変わります。

 

持ち方も一般的な持ち方で持つことで問題はありません。

 

・数珠の保管は桐箱や数珠袋を使う

 

使用頻度が多いわけではない数珠の保管ってどうしてますか?

 

机の中に閉まっていたり、買った時の箱にそのまま保管してるという人もいるんじゃないでしょうか?

 

数珠を保管する場合は、汚れなどはきれいにふき取るようにしてくださいね!

 

また、数珠の素材によって手入れの仕方が変わってきます。

 

数珠が痛まないように保管するためには桐箱や数珠袋に入れて保管するのが良いですね。

 

素材によっては虫がつくこともあるため、念のため防虫剤を入れ保管することをお勧めします!

 

保管している期間が長い場合、数珠の紐が切れたりする場合もありますが、仕方のないことですので補修してもらうか供養してもらうのがよいです。

 

●数珠の種類について

 

さて、続いては数珠の種類についてご紹介していきます!

 

数珠は、別名【念珠(ねんじゅ)】と呼ばれます。

 

そして、数珠の種類には2種類あります。

 

①本式数珠

 

本式数珠は、一般的に108個の玉が揃っているもののことを指します。

 

108個の【108】という数字には意味が含まれています。

 

人生の中で色々な悩みや煩わしさなど108個抱えていると言われています。

 

108個の数珠の1つ1つで覆い隠すための働きを持ち合わせているものとしてお守りになると言われています。

 

本式数珠の場合長さが長くなるため、使用時は2重にすることが一般的です。

 

本連数珠(念珠)・二連数珠(念珠)・二輪数珠(念珠)と表現されることもあります。

 

②略式数珠

 

本式数珠を簡単に略した数珠のことを指します。

 

1重のものが多いです。

 

片手数珠(念珠)と言われます。

通常の葬儀の場合は、略式数珠で十分と言われています。

 

珠の数も18珠・27珠・36珠・54珠と色々あります。

 

男性用の数珠と女性用の数珠は、はっきりと分かれているため混同することは絶対にないので購入時も安心ですね!

 

どうしても心配な時は店員さんに聞くのも良いです!

 

・男性の数珠の種類

男性用の数珠の種類には、どのようなものがあるのか見ていきましょう!

 

数珠の玉の数:18珠・20珠・22珠

数珠の玉の大きさ:10mm~18mm

房の色:青・茶色・緑・黄色

 

というふうになっています!

 

・女性の数珠の種類

次に女性の数珠の種類には、どのようなものがあるのか見ていきましょう!

 

数珠の玉の数:108珠ないタイプ・108珠あるタイプ

数珠の玉の大きさ:6㎜・7㎜(標準サイズ)・8㎜(みかん玉・平玉)

房の色:ピンク・紫

 

というふうになっています!

 

・子供や中高生も必要?

これも結構悩ましいところですよね。

 

小さい子供や中学生・高校生も必要かどうかの部分ですが、子供用の数珠も販売されています。

 

さらに素材も割れにくいもので作られているので、安心ですね!

 

基本的に数珠の貸し借りはしないのがマナーとなっています。

 

子供用の数珠も正式な数珠として使うことができるので持たせてもいいですね!

 

中学生や高校生の数珠は、大人と同様に揃えておくほうが良いでしょう。

●数珠が無い場合は無いままで!貸し借りは禁止

 

「数珠などを持っていない場合はどうすればいいの?」

 

と思われる方も多いかもしれません。

 

基本的には先ほどの上記でもご紹介したように貸し借りは基本的にNGなんです。

 

無いのであれば無しという考え方もあります。

 

また、お守りという意味で持つ方もいるので、1つ揃えておくというのもありかもしれませんね。

 

一般的には、持っている方が多いので持っているほうが無難ではないでしょうか。

 

現在は数珠の種類も豊富ですし、格安で購入もできます。

 

金額の問題ではなく、相手を供養する気持ちの問題ですので1つこの機会に揃えておくのはいかがでしょうか?

 

●数珠が切れた時はどうする?

 

数珠って使っている間に切れてしまうことがあります。

 

ここでは数珠が切れてしまった際に気になってしまう3つの項目を紹介していきます!

 

・処分の仕方は?

まずは、処分の仕方から見ていきましょう!

 

切れてしまったものなので、ごみ箱に捨てようと思いがち・・・

 

でもごみ箱に捨ててしまうのはNGなんですよ!

 

もし処分する場合は、仏具屋さんで処分を依頼するか、お寺で供養してもらうことをお勧めします。

 

また自分で処分する場合は、経を唱え清め塩をふり庭で燃やすのもありですが、木製の場合のみこれが使えます。

 

それ以外の場合は、経を唱え清めて封筒などに入れてごみとして処分するのが一般的です。

 

・縁起が悪い?

 

糸が切れた数珠は、縁起が悪いと言われる事があります。

 

色々な言い伝えもありますしね。

 

ただ、実際はそんなことはないようで、ただの迷信と言われています。

 

むしろ糸が切れることはありうることです。

 

数珠の素材の種類によって内側がとがっており、摩耗したりすることにより切れることもあります。

 

その点は、不吉だということや縁起が悪いなどと思わないようにしましょう!

 

・切れた事に意味はある?

 

数珠を使っていれば切れることも当然あります。

 

切れたことの解釈の仕方がありますが、一般的には「悪いものが断ち切れる」と捉えられています。

 

他にも「身代わり」になってくれたという解釈や「願いが叶う」「善い事が起こる兆し」などという話もよく聞きますね!

 

葬儀などで使用する事が多い仏具なので、ちょっと悪い方に考えてしまうこともあると思うのですが、こういう時こそ良い方向に考えるのが一番です!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

葬儀での数珠の使い方や選び方などを一通り見てみました。

 

宗派によっても持ち方や使い方が細かくあるというのは私自身知りませんでした。

 

数珠の種類もいろいろあるので、まだ購入されていない方はぜひ選ぶときの参考にしていただけたらと思います!

 

ご自身の宗派が何になるかというのを知ってから選ぶのもありですよ!

 

略式数珠で問題はありませんが形の決まりや長さの決まりも宗派により変わります。

 

その点は気を付けておきましょうね!