お通夜の時間は何時まで?遅れて行く場合や早めに行く時のマナー!

スポンサーリンク
参列者はこちら

お通夜って何時から何時までしてるんだろう?

 

早く行く場合や遅くにしか行けない時って何か気を付ける事ってあるのかな?

 

お通夜とは、個人と過ごす最後の夜のことで、個人との別れを惜しむときです。

 

本来は、親族や生前親しかった人たちが集まり、翌日の葬儀まで夜を通して故人の傍で過ごしてきました。

 

夜通し行われていた理由は、故人の死後不安定な霊を見守って、また邪霊などが近づくのを防ぐことが目的であったとされています。

 

また、昔では息を吹き返す可能性もあったからと言われています。

 

現在では、「半通夜」と呼ばれる夜18時ころから葬儀場などで数時間行われることが、一般的な「お通夜」「本通夜」として呼ばれるようになってきました。

 

また、「仮通夜」といって、近親者だけで故人との別れを夜通し惜しむものもあります。

 

この仮通夜では、線香を絶やさないようにする「夜通し灯明」という習わしのある地域もあります。

 

「仮通夜」では家族が故人の死を受け入れ、別れを惜しむために重要な時間なので、一般の弔問客は仮通夜には参列しないのがマナーです。

 

お通夜の翌日に行われる、葬儀・告別式は多くの場合午前中やお昼頃などに行われます。

 

そのため、仕事などで葬儀・告別式に参列できないからお通夜だけ参列するという方も最近では増えてきました。

 

ここでは「お通夜」として広く扱われている「仮通夜」「本通夜」についてご説明していきます。

お通夜全体の流れ

 

お通夜の流れってどうなってるの?

 

宗派などによって異なりますが、一般的なお通夜の流れを説明します。

 

  1. 受付で御香典を差し出し、記帳を行う
  2. 会場に着席する

   

葬儀開式の15~20分前くらいには着席できるようにしましょう。

 

  1. ご僧侶が入場し、葬儀が開式となる
  2. ご僧侶による読経

   

一般的に参列者は読経を静かに聞きますが、お寺や宗派などによっては参列者にもお教本が配れ、一緒に読経することもあります。

 

  1. 弔辞・弔電の奉読
  2. 焼香

 

宗派や葬儀場の流れやマナーに沿って行います。

 

  1. 喪主の挨拶
  2. 退席

 

宗派によっても異なりますが、ご僧侶が退席したのち親族が退席し、そのあとに参列者が退席します。

 

お通夜に持って行くものについては、こちらで解説しています。

 

関連記事:お通夜での持ち物一覧!数珠やハンカチと香典以外にもある?

遅れて行く時の最低限のマナー

 

仕事でお通夜に行くの遅くなったけど大丈夫かな・・・

 

通夜の意味や流れについてはお分かりいただけたと思いますが、では万が一通夜の開始時刻に間に合わない場合はどうしたらよいのでしょうか。

 

訃報はいつも思いがけず突然やってきますので、訃報を受け取った際にお仕事やどうしても外せない予定などもあるかと思います。

 

通夜の開始時刻に間に合わない場合は、遅れていっても良いのでしょうか。

 

それとも、遅れていくのであれば最初から参列を控えるべきなのでしょうか。

 

もしもの時に慌てないようにしっかり覚えておきましょう。

 

葬儀開始時刻に間に合わない場合、喪主の方や親族の方に遅れる旨の連絡をすることは控えましょう。

 

親族の方々は、故人との別れに際し大変大きな悲しみの中にいる時です。

 

また、通夜や葬儀・告別式などを控えておりとても取り込んでおられます。

 

ですので、通夜を執り行う葬儀場が分かっている場合は葬儀場に連絡をするようにしましょう。

 

葬儀場に連絡する際は、だいたい何時ころに到着予定なのか、焼香は可能か、何時ころまでなら大丈夫なのかを確認しておきましょう。

 

葬儀場の場所がまだわからない場合は、参列する他の人に伝えておくのも良いかもしれません。

 

通夜は夕方から始まり、所要時間はおよそ2時間前後くらいが一般的です。

 

ですので、通夜の流れと併せて考えても、通夜開始からおよそ1時間程度を限度としたほうが良いでしょう。

 

それ以上遅れて焼香にも間に合わないような場合は、通夜への参列はやめて翌日の葬儀への参列を考える方法もあります。

 

個人や親族との関係性などにもよりますが、通夜の終了後に弔問することも控えたほうが良いです。

 

深夜などは葬儀場自体も閉館している時間帯で、マナー違反となりますので控えた方がいいですね。

 

どうしても通夜や葬儀・告別式に参列できない、時間が遅くなってしまう場合は、弔電を送っても良いでしょう。

 

後日、親族の方の都合がよいときに弔問することも一つの方法ですが、通夜や葬儀・告別式が終わった後も何かと多忙で悲しみも癒えていない親族の方々の負担にならないように気を付けなければなりません。

 

早めに行く時の最低限のマナー

 

時間の都合で早めにお通夜に行かなきゃいけないんだけどいいのかな?

 

では、通夜の開始時間より早く行くことはどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、通夜会場へ早い時間に行くことはマナー違反になります。

 

先に説明した「通夜の流れ」にもあるように、通夜開始時刻の15分前くらいに着席するように受付を済ませておくことが、一般的なマナーとされています。

 

一般的に、故人がご逝去されてから通夜を行うまでの時間はとても限られた短い時間です。

 

親族の方々は、故人のご逝去という大変大きな悲しみの中におられますが、ゆっくり故人とのお別れができる余裕もない程に、これからの通夜や葬儀・告別式など決めなければいけないことがたくさんあります。

 

ですので、訃報を受けてから通夜が開始される時間までというのは、親族の方々にとって非常に忙しい時間帯なのです。

 

そんな状況であっても、通夜開始時刻より早くに弔問に来られた方がいらっしゃれば、親族の方々はその方に対応をしなければなりません。

 

突然の訃報を受け、一刻も早く弔問に伺いたいと思う気持ちはとても大事ですが、やはり残された親族の方への負担などを考えると、通夜会場への到着時刻は早くても開始30分前くらいがいいでしょう。

 

ですが、交通機関の時間などによってはどうしても早く到着してしまうこともあるかと思います。

 

多くの場合喪服で参列されると思いますので、その格好では時間を潰すためとは言ってもなかなか店などにも入りにくいですよね。

 

そういう場合は通夜会場へすぐに入るのではなく、葬儀場のスタッフの方に開始までの時間待っていられる場所などがないかを確認するのも良いかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

訃報はいつも突然やって来ます。

 

故人のご逝去を知り、大きな悲しみを受ける中で、用意や時間などの調整で慌てることも多いと思います。

 

ですが残された親族の方々にとっては、それ以上に大きな悲しみや喪失感を抱えており、通夜や葬儀・告別式を控えて大変多忙な時です。

 

しっかりとマナーをおさえておき、第一に親族の方々の気持ちを考えて行動するようにしましょう!