お通夜に行けない時の失礼のない対応とは?連絡はメールでも大丈夫?

お通夜

どうしても都合が悪くてお通夜に参列できないんだけど、連絡するのはメールでもいいのかな?

 

 

訃報はいつも予期せずやってきます。

 

親しい人のお通夜はできるだけ出席したいものですが、どうしても仕事を休めなかったり、場所が遠方だったり、やむを得ず出席できないこともあるかと思います。

 

そういう時に失礼のない対応ができるようにしたいですね。

 

今回は、お通夜に参列できない時のマナーや連絡方法などについてお話していきたいと思います。

〇お通夜に参列できない時の連絡はメールでも大丈夫

 

お通夜に出られない時ってメールで連絡してもいいのかな?

 

一昔前まででは、訃報を受け取りお悔やみの言葉を伝える場合は電話が一般的でした。

 

略式であるメールを使って弔意を伝えることは失礼な行為であるとされていました。

 

ですが最近では、日常生活を含め、仕事やプライベートにおいてもメールは主要な連絡ツールとなっています。

 

そのため、弔意やお通夜を欠席することを伝えるためにメールを使用することは失礼な行為にはならないようです。

 

欠席する旨をご遺族に直接伝える場合、電話を掛けるときは、どのタイミングで電話をすればよいのか気を遣いますし、お通夜を控えた遺族の方々は大きな悲しみの中におり、大変忙しいときですので、メールであればご遺族の方の都合の良いときに確認できるというメリットもあります。

 

訃報を受けとったときに、欠席することが分かっている場合は、訃報を知らせてくれた人に直接伝えても構いませんが、後日きちんと弔意と参列できなかったことへの謝罪を伝えたいですね。

 

〇参列できない理由は簡潔に

お通夜に参列できない時の理由は細く話した方が相手も分かってくれるかな?

 

欠席する理由は、どうしても休めない仕事がある、体調が悪い、など様々だと思います。

 

お通夜の欠席の連絡の際は、その理由を詳しく説明する必要はありません。

 

「やむを得ない事情があり」など簡潔に伝えるようにしましょう。

 

仕事の事情などで「行けないかもしれません」などあいまいな出欠の連絡はやめましょう。

 

【メールで欠席の旨を伝える例文】

 

この度はご愁傷様でございます。

○○様のご逝去を知り、大変驚いております。

 

本来ならば直接お悔やみを申し上げたいところですが、やむを得ぬ事情によりお伺いすることができず申し訳ありません。

 

ご家族の皆様は、さぞ心を痛めていらっしゃると存じます。

どうかお力を落とされませんようご自愛ください。

略儀ながらメールで失礼いたします。

 

*欠席する旨をメールで連絡する際の注意点として、必ずお悔やみの言葉を入れるようにします。

 

欠席が通夜だけで、葬儀・告別式に参列する場合は、その旨も伝えます。

〇お通夜に参列できない時の弔意の伝え方

 

お通夜に参列できない場合、直接お悔やみの言葉を伝えることはできないので、弔電や供花を送ったり、香典を郵送することも一つの方法です。

 

ですが、それらは普段の生活の中でなかなか経験のない事ばかりですので、いざという時に困らないように覚えておくと良いですね。

 

1.弔電を打つ

弔電は、お通夜、葬儀・告別式のどちらに送っても構いません。

 

一般的には、葬儀・告別式で読み上げられますので、告別式までに届くようにしましょう。

 

※弔電の送り方※

 

①送り先を確認する

通夜や葬儀・告別式が行われる場所を確認します。

多くの場合は葬儀場で執り行われることが多いですが、自宅で行われる場合は喪家に届くようにします。

 

②宛名を確認する

本来であれば、宛名は喪主の方宛に送ります。

もし喪主の方の名前が分からない場合は、亡くなった方の名前を書いて「ご遺族様、ご遺族一同様」と書けば大丈夫です。

 

③お悔やみの文を考える

多くの場合は弔電の例文を引用しますが、それにアレンジを加えても良いですし、すべてオリジナルの文章でも構いません。

 

④弔電を打つ

最も一般的な送り方はNTTの115に電話する方法です。

115に電話をするとオペレーターにつながりますので、口頭で、送り先の住所、宛名、弔電の文章、台紙を伝えます。

 

NTTで弔電を送る場合は、メッセージ40文字(約1.000円)+台紙代(1.000~1.500円)となります。

 

最近ではインターネットからも弔電を送れるようになっています。

 

NTTの115番は夜間の受付はしていませんが、インターネットは24時間申し込み可能です。

 

2.香典を郵送する

香典を郵送で送るなんて失礼な行為ではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、香典は郵送で送ることが可能です。

 

ですがいくつか注意点がありますのでしっかり覚えておきましょう!

 

※香典の郵送方法※

 

①現金書留を用意します。

現金書留は郵便局で購入できます。「書留」には、一般書留、簡易書留、現金書留の3種類があり、書留の種類によって料金や保証される金額も変わってきます。

 

現金書留の場合、郵送料金は430円で損害要償額は1万円までです。

保障金額を増やす場合は、5千円ごとに10円の追加料金がかかります。

また、上限は50万円までとなっています。

 

現金書留にも2種類のサイズがあります。

 

小さい方:約119×197㎜ 約8.5g 定形郵便物 21円

大きい方:約142×215㎜ 約10.7g 定形外郵便 21円

 

送る香典袋などの大きさに合わせて購入しましょう。

現金書留の封筒の購入や手続きは、郵便局で行います。

 

②宛先は喪主の方の名前で送ります。

現金書留の封筒にはもちろんですが、香典袋にも必ず氏名と住所を書くようにしましょう。

 

③葬儀に参列できなかったことへのお詫びやお悔やみの言葉を手紙に書いて同封しましょう。

 

使用する便せんや封筒は、一般的に白地のものが良いとされています。

 

もし白地のものがない場合は、シンプルで落ち着いたデザインや色のものを選びましょう。

 

字が汚いからといってパソコンなどで文字を打つことはやめ、必ず手書きで書くようにしましょう。

 

どんな字でも、やはり手書きの方が書き手の気持ちが伝わります。

 

3.供花を送る

供花を送る場合は、一般的に葬儀場に電話して依頼しますが、このとき依頼する葬儀場は、葬儀を執り行う葬儀場にしましょう。

 

供花に使う花の種類や色など、葬儀場のお任せでも構いません。

 

祭壇の雰囲気やその他の供花とのバランスを考えて作ってくださいます。

 

もし、故人が好きだった花などがある場合は伝えても構いません。

 

基本的に、供花は「一対」で送ることが多いですが「一基」で送っても構いません。

(供花を数える単位は「基」で、二基の供花で一対になります)

 

供花一基ずつに芳名名札を添えますので、送り主の名前を伝えます。

 

会社や所属する団体名などがある場合はそれも併せて伝えましょう。

 

供花の金額は150.000円前後が相場です。

 

支払方法は、請求書をもらってから後日精算するのが一般的です。

 

遠方などの場合は振り込みが可能かなど確認しておくようにしましょう。

 

供花の種類や相場についてはこちらで詳しく解説しています。

 

関連記事:葬儀での花の相場やマナーを解説!種類や注文の仕方についても!

 

〇後日弔問に伺う

 

通夜や葬儀・告別式に参列することができなかった場合、後日弔問に伺っても構いません。

 

ただ、弔問する場合は必ず電話などでご遺族の都合を確認するようにしましょう。

 

葬儀後しばらくの期間は遺族側は何かと忙しい時期でもありますし、なにより故人を亡くされた悲しみの中にいることを考慮しましょう。

 

その他、後日弔問に訪れる際の注意点は以下の通りです。

 

・喪服や真っ黒な服は避けましょう。

 

弔問する際に、喪家へ訪問するから喪服や黒い服を着ていこうと思われる方も多いかもしれませんが、葬儀や法事ではありませんので喪服や真っ黒な服は着用しないのがマナーです。

 

「黒色」は喪服や葬儀を連想させる色ですので、葬儀が終わって少しずつ日常を取り戻しつつあるご遺族の心情を考慮しましょう。

 

かといって派手な服装や露出の多いデザイン、普段着すぎる服装ではかえって失礼ですので注意しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

訃報を受けたらできるだけ参列するのが望ましいですが、やむを得ない事情などで参列できない場合もあります。

 

通夜や葬儀・告別式は、故人との最期のお別れの時です。

 

「欠席の時こそ誠意を持った対応」を心掛けたいですね。