お通夜での服装について!夏なら男性は上着を着なくてもいいの?

参列者はこちら

 

訃報というのは、いつも前触れなく訪れるものです。

 

親しかった方のお通夜はできるだけ出席したいものですよね。

 

ただ、そんな時に悩んでしまうものの1つに服装があると思います。

 

特に男性の場合、夏場だと「上着は着なくてもいいのか?」など迷うことが多々あります。

 

そこで今回は、夏場のお通夜での男性の服装についてお話ししていきたいと思います。

夏場のお通夜での服装はどうすればいいの?

 

親しかった方の突然の訃報。

 

お通夜の日時などの連絡が着てから向かう場合って服装で悩んでしまいますよね。

 

特に夏場などの暑い時期は上着を着て行った方が失礼にならないのか。

 

という点で悩む方が多いようです。

 

葬儀なら喪服を着ていくという決まりがありますが、お通夜の場合だと服装に関して色々な意見があります。

 

まず、結論から先に話してしまうと、お通夜の場合でも喪服(礼服)を着用していくことがほとんどです。

 

これは、春夏秋冬問わずなので、一般常識として覚えておいた方がいいですね!

 

ただ、仕事中にお通夜の連絡を受けた。

 

などという場合などは、私服や仕事着でも構いません。

 

お通夜に私服で行く場合のお話しはこちらで詳しく解説しています。

 

 

 

夏のお通夜でも男性は上着って必要?

 

夏場などの暑い時期のお通夜だと、「上着はいいから」と言われたりする事もあるとは思いますが、上着は持って行くようにしましょう。

 

こういった時の為に、オールシーズン対応の礼服や夏用の礼服などが存在しているのです。

 

※オールシーズン対応礼服※


※夏用の礼服※

 

夏用の礼服などは暑い時期に対応できるように生地が薄くなっているので、上着を着ていたとしても、 我慢できなくなるほど暑くなる事はありません。

 

訃報はいつ何時訪れるか予想ができないので、もしもの為に1着は持っておいた方がいいでしょう。

ネクタイも必要?無くてもマナー的には大丈夫?

 

暑い時期だからこそ気になる、お通夜でのネクタイ事情・・・。

 

急遽駆けつけた場合はネクタイをしていても、していなくても小言を言われる事はほとんどないかもしれません。

 

しかしそうでない場合は、マナーとして黒ネクタイをして行くことをオススメします。

 

夏場という事もあるので、ノーネクタイが常識化してしまっていますが、冠婚葬祭などの場合は必ずネクタイはしていきましょう。

 

ネクタイをしないで行くのはマナー違反になってしまいます。

 

現在はコンビニでも冠婚葬祭用の黒ネクタイなどが売っているので、突発的な場合でもほぼ対応できるかと思います。

 

ネット上では賛否両論のようです

 

・上着は着て行くべきだ。

・お通夜だから着てなくてもいい。

 

色々な意見がある夏のお通夜に参列する際の上着事情。

 

ネットでも二極化していました。

 

お通夜なら服装は気にしない

昨年、葬儀を執り行いましたが、本山から住職が4人程来てフルレングスの読経をします。
しかも冷房の無い寺の中で・・・。
もう、文字通りの生き地獄でした。
やってくる人も境内までの道のりですっかりばててしまう位。

気は心です。
弔う気持ちがあることが一番大切なのではないでしょうか?
私は着て行く服装ではなく、気持ちを優先させます。
「故人だったら、きっと”無理せずに気軽な服装で来いよ”」って言ってくれると思いますから。
私は、服装に教条主義は合わないと思うし。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1292822777

 

通夜ならそのような格好の方は多数見かけます。
喪服をお召しでない方もおられます。全然気になりません。
地域性もあるかもしれませんが、職場の方などに聞かれた
ほうがいいと思います。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1292822777

 

お通夜は基本的に急を聞いて駆けつけるケースが多い事から、特に華美でなければ大丈夫です。マナーとしては装いよりも焼香に駆けつける事が一番ですから、余り気にしません。ただ、礼服の準備が出来る位ならネクタイは当然準備していると思いますが、暑かったのかな?現在の冠婚葬祭は略式も時流で、簡素化している地域もあります。ノーネクタイもそんな所なのでしょうか。私も参列者の方がノーネクタイで駆けつけてくれたお通夜の場に居た事がありますが余り気になりませんでした。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14131367309

 

お通夜でも服装は大切

本来通夜は平服です。なぜなら喪服に黒ネクタイだと亡くなるのを予想していた?と言う意味になるからです。
しかし昨今の会館葬の場合、殆どの弔問者が喪服に黒ネクタイですので・・・
いずれにせよ、喪家に失礼の無い地味な服装であればネクタイ無しでもかまいません。
しかし先に記した様に殆どの方が喪服に黒ネクタイで来られます。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315992203

 

服装マナーにおいて、男性の白シャツ姿は下着姿と同じだと聞いた事があります。
どんなに暑くても上着を着用するのが常識かと思います。

ちなみに私は都内在住ですが、白シャツ姿の人なんて絶対にいません。
今までに見た事も聞いた事もないです。

もしかして、ド田舎とかで、マナーの緩い地域もあるのかもしれませんが、
一般的には上着は必須です。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1292822777

 

 

最近は通夜でも喪服が9割以上です。

ネクタイはもちろん、上着も持っていかれた方が良いくらいです。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1269675562

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

男性が夏のお通夜に参列する際の上着事情についてお話しさせていただきました。

 

現在はお通夜の連絡が急になる事が昔と比べて減ってきています。

 

例外はありますが、ほとんどの場合で上着はもちろんの事、喪服で出席される方がほとんどのようです。

 

葬儀やお通夜というのは、そう何度も出席するものではないので忘れがちになってしまいますが、お通夜の場合でも例外を除いで、喪服で出席するのが無難でしょう。