四十九日で用意するものは?呼ぶ範囲はどこまで?

法事・法要

 

お葬式のあとの法要の中でも、特に重要な法要とされる四十九日。

 

なぜ重要と言われるのでしょうか。

 

残された遺族は、どのようなことをしなくてはならないのでしょうか。

 

今回は、四十九日に用意するものや、どの範囲まで呼べばいいのかについて解説していきたいと思います。

四十九日とは?何をすればいい?

 

四十九日とは、仏教において、故人が極楽浄土へ旅立てるかどうかが決まる日とされています。

 

仏教の場合、亡くなった日を1日目として数え、極楽浄土へ行けるかどうかの裁きが7日ごとに7回、閻魔大王によって行なわれると考えられています。

 

亡くなってから四十九日までの期間は「中陰」(ちゅういん)とも呼ばれ、この間故人はまだ、この世とあの世の間をさまよっていて、四十九日目に極楽浄土に行けるかどうか最終判断されるのです。

 

遺族は、故人が成仏できるように7日ごとに法要を行ない、故人が極楽浄土へと行けるよう祈ります。

 

これは「追善供養」(ついぜんくよう)と呼ばれ、遺族が法要を行ない祈ることによって故人の善行を増やし、閻魔大王に良い判定をしてもらおうというものです。

 

現代では、この7日ごとの法要は省略されることが多く、最初の法要である「初七日」が葬儀当日に一緒に行なわれたあとは、四十九日まで法要を行なわないことがほとんどのようです。

 

このように、故人が極楽浄土へ行けるかどうかが決まる大事な日ですから、重要な法要と言われるのです。

 

四十九日までの法要を「追善法要」と呼び、その後年単位で行われる法要は「年忌法要」(ねんきほうよう)と呼ばれます。

 

四十九日は「満中陰」(まんちゅういん)とも呼ばれ、遺族にとっては、亡くなってからこの日までの期間が忌中(きちゅう)となり、慶事を避けて身を慎んで過ごす、いわゆる「喪に服す」期間になるのです。

 

仏教の宗派によっても細かく違いはあります。

 

浄土真宗などは、亡くなるとすぐに極楽浄土へ行けるという考えから追善供養は行なわないという場合もあります。

 

四十九日に呼ぶ範囲はどこまで?

 

四十九日とはどのようなものなのか、おわかりいただけたかと思います。

 

では次に、実際に四十九日法要を行なう場合、どんな人たちを招待すれば良いのでしょうか。

 

見ていきましょう。

 

四十九日法要は亡くなってすぐの葬儀の次に大きな区切りとなりますが、一般的には近親者のみで行なうことが多いようです。

 

具体的には故人の立場から見た、

・配偶者、配偶者の兄弟

・子供、子供の配偶者

・孫、孫の配偶者

・兄弟、いとこ、甥・姪

このような方々です。

 

また、親しかった友人やご近所にお住まいの方をお呼びする場合もあります。

 

故人を含む喪家の、近所付き合いや親戚付き合いの程度によっても変わってきます。

 

「同居していた家族のみでやってほしい」など、故人の生前の意向や、施主(法要を行なう人)の意向があれば、それを尊重しましょう。

 

故人が生前にはっきりと意向を伝えておいてくれた場合は、あまり悩まずに済みますが、迷った場合は、親族全員に声をかけるという方法もあります。

 

「あの人は呼ばれたのに私は呼ばれなかった」などとトラブルになる場合もあるからです。

 

最終的に決めるのはやはり法要を執り行う施主さんですが、大規模な法要にすればするほど費用も大きくなりますので、難しいところではあります。

 

「故人と同居していた家族だけでこじんまりと行なう」と決めた場合でも、ほかの親族にその旨を伝えておくと、角が立ちにくいかもしれません。

 

誰をどこまで呼ぶのかには地域性もありますので、近親者の中で年長の方に相談してみるのも良いでしょう。

 

関連記事:四十九日で遠方から来た親戚の交通費や宿泊費は誰が払うの?

 

四十九日で用意するものや決めておく事は?

 

四十九日法要を行なう場合に、どんな人に声をかければよいかわかりましたね。

 

では次に、実際に四十九日法要を行なう場合、どのような用意が必要なのでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう。

 

日時の調整と場所決め

四十九日法要を行なう場合、いつ・どこでやれば良いのでしょうか。

 

法要を行なう際の日にちの数え方ですが、亡くなった日を1日目として数えます。

 

四十九日法要を行なう場合、亡くなってからちょうど四十九日目に行なうことが理想ではありますが、平日などにあたる場合は、四十九日より前の土日などに法要を行なうことが多いです。

 

四十九日より前の日程にすることがあっても、四十九日よりあとの日程にすることはあまりありません。

 

菩提寺がある場合は、まず菩提寺と相談して日時を調整しましょう。

 

次に場所ですが、法要の内容を確認し、移動など負担の少ない場所を選ぶことが大事です。

 

四十九日法要の流れは一般的に、

1.読経・焼香

2.(納骨する場合)納骨式・お墓参り

3.会食(お斎・おとき)

となり、それぞれ別の場所で行なうこともあるからです。

 

1の読経・焼香は、菩提寺にお墓がある場合はその菩提寺の本堂で行ないます。

 

霊園などにお墓があり、そこに法要室がある場合はそこで、法要室がない場合お墓の前で行います。

 

このほか、自宅で法要を行なう場合もあります。

 

2の納骨式・お墓参りはお墓で行ないます。

 

3の会食については、レストランやホテル、葬祭会館を利用するのか、仕出し料理を依頼して自宅などに運んでもらうか決めなくてはなりません。

 

お寺で法要を行なった後、近くのレストランやホテルで会食を行なうということが多いようです。

 

このように、法要の内容ごとに場所を変える必要もあるため、自宅以外の場所を利用する場合は、それぞれについて予約が必要になります。

 

また、葬祭会館などでは、会館に僧侶を呼び、読経から会食まですべて同じ場所でできるというところもあるようです。

 

僧侶への依頼

法要に来てもらう僧侶への依頼ですが、先にも書いたように菩提寺がある場合はそちらへ連絡をすればよいでしょう。

 

菩提寺がない場合は、葬儀を依頼した葬儀社などに連絡をして、僧侶を紹介してもらいます。

 

お盆期間などは僧侶の予定が埋まっていることも多く、注意が必要です。

 

なるべく早めに連絡をするようにしましょう。

 

案内状の手配

日時と場所が確定したら案内状を手配しましょう。

 

必要事項が決まり次第、すぐに用意することが大事です。

 

普段からお付き合いをしているような近しい親戚の場合、電話連絡でも問題ありませんが、書面で伝えた方が間違いがなく確実です。

 

案内状は、葬儀社や印刷屋、インターネットなどでも注文することができます。

 

会場や料理の準備があるため、案内状には出欠の確認を記載することも重要です。

 

往復はがきを使用するか、返信用のはがきを案内状に同封しましょう。

 

使用する封筒は二重封筒を避け(不幸が重なるとされるため)、白無地のものを使用すると良いでしょう。

 

本位牌や仏壇の用意

亡くなってから四十九日までの間は、白木位牌という仮の位牌を使用します。

 

これを四十九日法要の際に本位牌にしますので、仏具店などで準備しておくことが必要です。

 

法要の際、僧侶の読経によって、白木位牌から本位牌へ魂の移し替えを行なってもらいます。

 

本位牌は戒名を彫るなど用意に時間がかかるので、早めに手配するようにしましょう。

 

四十九日の法要が終わると、故人は仏壇に入ることができるとされるため、仏壇がない場合は用意しておくと良いでしょう。

 

最近では様々なデザインや大きさの仏壇がありますので、仏壇を置く部屋の広さや雰囲気に合ったものを選ぶと良いですね。

 

先祖代々の仏壇がある場合も、この法要を終えると故人が入ることができるとされます。

 

料理や引き出物の用意

先に書いたように、読経の場所と法要後の会食の場が違う場合もあるため、それによって仕出し弁当を頼むのか店を予約するのか違ってきます。

 

いずれの場合も、仏事の会食において避けるべき食材・料理があるため、予約をするときは、法要で利用することを先方に伝えておきましょう。

 

料理は参列者の人数分用意しますが、故人の分の「影膳」を用意する場合もあります。

 

次に引き出物ですが、料理と違い、基本的に「一家族に一つ」になります。

 

法要の参列者からいただいた供養のお礼として粗品を用意します。

 

お茶やお菓子などの食品や、タオルなどの実用品が多いようですが、かさばるものは避けましょう。

 

最近ではカタログギフトも増えているようです。

 

水引は白黒もしくは銀の結び切りにし、のしの表書きは「粗供養」や「志」と書きます。

 

関連記事:四十九日で準備する粗供養の相場や種類を紹介!挨拶状や贈る時期についても!

 

四十九日でかかる費用は10万〜15万円ほど

 

四十九日法要を行なうにあたって、どのような用意が必要かお分かりいただけたでしょうか。

 

次に、法要にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

 

どのくらいの費用がかかるのか、項目ごとにまとめました。

 

会食や引き出物代

会食にかかる費用は、1人あたり30001万円程度が相場のようです。

 

引き出物については、いただいた香典の2分の1から3分の1程度の金額のものをお返しするとされ、20005000円程度の品物になります。

 

お布施

僧侶に渡すお布施(御経料)としては、四十九日法要の場合は葬儀の10分の1程度の金額が目安とされています。

 

一般的には35万円程度になるようです。

 

このほか、お寺以外の場所に僧侶を呼ぶ場合は、「お車代」として5000~1万円ほどお渡しします。

 

また、法要後の会食を僧侶が辞退した場合や、会食を行なわなかった場合は「御膳料」として50001万円程をお渡しするようになります。

 

お布施を入れる袋は市販の白無地の封筒でも問題ありませんが、水引きをかける場合、白黒か双銀のものにしましょう。

 

関連記事:四十九日のお布施袋の書き方や相場について!正しい渡し方も紹介!

 

会場使用料

会場使用料は、法要をどこで行なうかにもより変わってきますが、だいたい35万円程度かかってくるようです。

 

お寺で読経後にそのまま法要を行なう場合、会場使用料をお布施に含めるケースや別に使用料としてを用意するケースもあります。

 

ホテルやレストランによっては会場費がかからないか、食事代に含まれるといったところもありますので確認が必要です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

四十九日で用意するものは?呼ぶ範囲はどこまで?

 

についてまとめてみました。

 

四十九日法要は、呼ぶ人数・規模によって、用意することや費用が大きく変わってくるということ、早めの準備が大切だということもお分かりいただけたかと思います。

 

一般的な執り行い方を紹介しましたが、弔事に関しては地域や年代によって違いも大きく、また各家ごとにも細かく違いが出てくることもあります。

 

わからないことは身内の年配の方や、お世話になった葬祭会館の方などに相談するのも良いでしょう。

 

早めの準備を心掛け、少しでも穏やかな気持ちで故人に祈ることができると良いですね。