四十九日に贈る花の相場やマナーを解説!種類や贈り方についても!

スポンサーリンク
法事・法要

 

仏教では、人は亡くなってから49日目にお裁きを受け、成仏し極楽浄土へ行くという教えがあります。

 

四十九日法要はこの日にあたり、亡くなったあとの大切な法要のひとつです。

 

遺族はこの日をもって忌明け(きあけ)となりますので、四十九日までは慌ただしく過ごす事も多いものです。

 

ようやくひとつの区切りを迎えるご遺族に、喜んでいただけるお供花をお贈りしたいものですね。

 

宗教や宗派、地域によっても習慣が異なりますので、葬儀社やお花屋さんに相談することをお勧めしますが、ここでは、法要時のマナーや金額相場など最低限知っておきたいことをまとめてみました。

四十九日に贈る花のマナー

 

亡くなってから四十九日までは、白い花が基本です。

 

菊や百合が多く用いられますが、四十九日もそれを基本に考えたら良いでしょう。

 

差し色には薄い紫、青、淡いピンク、淡い黄色が好ましいとされており、桔梗、カーネーションなどが一般的です。

 

バラなどの棘がある花や、彼岸花など毒を持つ花はこういった場合には不向きとされています。

 

ただし、亡くなった方が好きなお花だった場合には、「生前お好きだったピンクの花を贈ります」「◯◯さんのお好きだった向日葵をお供えください」などとひと言添えた上でお贈りすると良いでしょう。

 

特に親しい友人や近い親族であれば、きっとご遺族も喜んでくださいますね。

 

また、鉢花なども避ける傾向があります。

 

仏教では鉢植えの中の肥料が不浄なものとされており、お供花に鉢植えはタブーとする場合があります。

 

また、法要の場所が寺院や葬儀社などの施設の場合があります。

 

その場合は、どこにお送りしたら良いかご遺族に確認した方が良いですね。

 

ご自宅にお送りする場合は、当日は慌ただしいので前日までにお送りすると良いでしょう。

 

四十九日に贈る花の相場はいくら?

 

故人やご遺族との間柄によって差が出てきますが、5千円~1万円のご予算が多いようです。

 

あまり高額すぎるとご遺族の負担になる場合もありますので、高くても2万円までが相場のようですね。

四十九日に贈る花の種類と選ぶ際の注意点

 

前述したように、基本は白色で差し色は紫や青、淡い色が基本です。

 

ここでは具体的に好まれる花と適さない花をまとめてみました。

 

四十九日法要に好まれる花

代表的な花をあげてみます。

この他に季節の花などを入れると良いでしょう。

 

法要の花として定番です。古くから日本人に愛されてきた花ですので、お供えの花として最適です。品種改良で華やかなものも増えています。

百合

純潔の象徴とされ、真っ白な百合はお供えの花の定番です。カサブランカなどは香りが強く花粉がついてしまうなど嫌われる場合もありますので注意しましょう。

カーネーション

小ぶりで繊細な様子が他の花と相性が良く、よく使われます。白、ピンクなどが定番です。

テンドロビウム

洋ランの一種です。花色が豊富ですが法要では白、紫、ピンクなど淡い色が使われます。お供花を華やかにしてくれます

スターチス

控えめな花ですが、淡い紫やピンクがお供花に添えると大変綺麗です。

アルストロメリア

百合の一種で、花持ちが良いのもありお供えによく使われます。落ち着いた色合いが法要に最適です。

スイートピー

花言葉が「別離」「門出」「優しい思い出」と別れを連想させることから、卒業式にもよく使われます。白、ピンク、淡い紫はお供えに最適です。

 

四十九日法要に適さない花

 

椿

枯れる際に、斬首された首のように花の部分が落ちるということで縁起が悪いとされ、昔からお供えの花に適さないとされています。

黒い花

黒いチューリップなどはオシャレですが、経典に供えてはいけない、と記載されています。

赤い花

血の色を連想させることから敬遠される傾向があるようです。

薔薇

棘があることで控えた方が良いとされています。また、経典に供えてはいけない花として記されています。

アザミ

棘があることで控えた方が良いとされています。

彼岸花、トリカブト

毒のある花は死を連想させてしまいますので控えた方が良いとされています。

四十九日の花の贈り方を紹介!

 

では、どのような形で花を贈ったら良いのでしょうか?

ご遺族にも喜ばれるご供花の形をまとめてみました。

 

フラワーアレンジメント

そのまま飾ることができるアレンジメント。白をベースにした穏やかな色合いのアレンジメントが一般的です。

花束

花器に入れてそのまま飾れる花束です。アレンジメントより高さを出せるので、仏壇が華やかになりますし、生け花としても使えます。

ギフトセット

お花とお線香のセットも法要らしく、人気があります。

 

また、どこでご供花を用意したら良いのでしょうか?

 

葬儀社

葬儀社では法要の準備全般を用意しているところがあります。法要のプロですので、間違いないでしょう。もちろん、配達もお願いできます。

生花店

ほとんどの生花店が法要のお供花を用意しています。たくさんの花の中から自分で選べるのが嬉しいところです。配達もお願いできるところがほとんどです。

インターネットの生花店

インターネットで注文できる生花店も増えてきました。たくさんのアレンジ見本の中から選んで、日にちを指定して発送してもらいます。なかなか時間が取れない人には便利なサービスです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

四十九日法要のお供花についてまとめました。

 

最低限のマナーは守るべきですが、現代ではもっと自由にお供花をご用意するようになっています。

 

オーダーメイド葬など、故人の望む形でお別れの場を設える_セレモニーもあります。

 

故人の大好きだった薔薇を、と形式にこだわらずに贈ることも増えています。

 

マナーやしきたりにこだわり過ぎずに故人や遺族の方の好みに沿ったものをお贈りするのが良いという風土になってきました。

 

法要は故人を偲ぶ日であり、四十九日はご遺族にとっては喪が明ける日でもあります。

 

故人を思いやりながら、ご遺族にお疲れ様の気持ちが伝わるお供花をお贈りしたいものですね。