法事・法要

法事・法要

四十九日の後のお礼状の書き方と例文を紹介!送り方についても!

皆さんは四十九日法要のお礼状のことをどこまでご存知でしょうか? 「何を書くべきなの?」 「お礼状って誰に送るものなの?」 など四十九日法要後のお礼状でお悩みの方は多いと思います。 そこで今回はお礼状とは何なのか、何を書くべきなのかなど例文を交えながら詳しくご紹介したいと思います。
法事・法要

四十九日で仕事を休む時って忌引き休暇や有給は使える?日数はどのぐらい?

今回は社会人必見の忌引きや四十九日などでの休みの取り方や、一般的な日数などを中心にご紹介していきます。 忌引き休暇などでお悩みの方は是非参考にしてください。
法事・法要

四十九日に赤ちゃんは連れて行ってもいい?服装や必要なものは何がある?

四十九日法要ですが、お通夜や葬儀と違い、多くの友人知人を招待するようなことはせずに近い身内や親族で執り行うことが一般的です。 ですから故人の孫やひ孫にあたる子供や赤ちゃんをお持ちの方が招待されることも多いでしょう。 その場合に小さいお子様をお持ちの方なら疑問に思うことを解説します。
法事・法要

四十九日で遠方から来た親戚の交通費や宿泊費は誰が払うの?

現代では核家族化で遠方に住む親族なども多いこともあり、四十九日に参列する人が遠方から参加することも多くなっています。 今回はその場合の車代、滞在費は実費?施主が負担すべき?? という点について見ていきたいと思います。
法事・法要

四十九日の男性の服装は喪服以外ならスーツ?ネクタイの色や普段着での参加はアリ?

今回は四十九日の法要に参加する際の服装について詳しくご紹介していきます。 参列の際は喪服なのかスーツなのか、ネクタイ・腕時計・靴はどのようなものを用意すればいいのかなど、四十九日法要に参列する方の男性の服装全般を解説してまいります。
法事・法要

四十九日のお布施袋の書き方や相場について!正しい渡し方も紹介!

近頃、葬儀や法要の場でよく「四十九日法要でどれくらい包んでお坊様にお渡しすればいいですか?」というお悩みを聞きます。そんなお悩みの方のために、今回はお布施の正しい書き方・相場・マナーなどを宗派別にご紹介いたします。 この記事を読んでぜひ参考にして下さい。
法事・法要

四十九日のお供え物って何を持ってく?金額の相場や熨斗の表書きについても!

四十九日法要とは、故人の命日から49日目に執り行われる法要です。お通夜、告別式ほどではないですが参列者は香典と共にお供え物、お供花を用意して供養します。 そんな法要時のお供物にはどのような物が適当なのでしょうか。また、金額の相場や熨斗の書き方もまとめてみました。
法事・法要

四十九日に贈る花の相場やマナーを解説!種類や贈り方についても!

仏教では、人は亡くなってから49日目にお裁きを受け、成仏し極楽浄土へ行くという教えがあります。ようやくひとつの区切りを迎えるご遺族に、喜んでいただけるお供花をお贈りしたいものですね。宗教や宗派、地域によっても習慣が異なりますので、ここでは、法要時のマナーや金額相場など最低限知っておきたいことをまとめてみました。
法事・法要

四十九日の香典はいくら包む?相場と渡し方も紹介!

故人が亡くなってから49日目に執り行われるのが「四十九日法要」。現代では仕事などで忙しい人達も多く、大勢が集まるのが難しくなっていることから、四十九日法要は身内だけで済ませることも多いのでお通夜や告別式ほど堅苦しくない場合が多いですが、マナーを守った上で参列したいですよね。特に香典はどうしたら良いの?という疑問にお答えします。