喪主や遺族の方へ

 

生きている中で喪主を経験する事はそれほど多くないかもしれません。

 

遺族側になる事も人によってはそれほど多くないかもしれません。

 

だからこそ、分からない事も多いんですよね。

 

ましてや初めて喪主を務めるとなると、そのプレッシャーも相当のものかもしれません。

 

この記事では喪主、遺族の立場になった際に読んでおいて欲しい事をまとめておきました。

喪主を務めるなら読んでおきたい内容

 

そもそも喪主は誰がどうやって決めるんでしょうか?

 

故人の長男?

それとも故人の配偶者?

女の子しか居ない家庭はどうするの?

 

喪主って何をするの?

 

そんな疑問に答えてくれる記事をまとめました。

 

 

葬儀社選びもしっかりと

 

大切な人が旅立って悲しみにくれる中で葬儀社との打ち合わせは始まります。

 

遺族の事をしっかりと考えてくれる葬儀社も多いとは思いますが、中にはその悲しみに漬け込んで多額の費用が掛かるプランを組ませる葬儀社もあるそうです。

 

そうならない為にも、葬儀の事前見積もりってしてた方が直前で慌てることもなく、故人との最期の時をゆっくりと過ごすことができます。

 

また、葬儀社との打ち合わせの際には冷静に話が聞ける第三者を一人連れて行く方がいいですね。

 

 

 

葬儀の種類と平均費用はどれぐらい?

 

葬儀の種類は大きく分けて4つあります。

 

・一般葬

・1日葬

・家族葬

・火葬式

 

どの葬儀内容にもメリットやデメリット、費用面での違いがあります。

 

どういう葬儀を希望するのか、どのぐらいのグレードのものにするのかなどなど。

 

前もって決めておいた方が残された家族は悩まずに済みますよね。

 

葬儀費用の支払いについて

 

やはり費用面に関することは誰しもが気にします。

 

「分割で払えるのかな」

「カードでいけるのかな」

「何分割までできるのかな」

「香典で葬儀費用はまかなえるのかな」

 

などなど。

 

葬儀費用って決して安いと言える金額じゃないからとても気になりますよね。