葬儀

葬儀の際に頂いた供花のお返しはどうする?品物や贈る時期は?

葬儀の際に、祭壇の左右に飾られる「供花」は、親族や故人、または遺族の会社や友人関係から贈られるものです。供花をいただいた場合はどのようにお返しをすれば良いのでしょうか… 品物を用意するなら、何が良いの? お返しするタイミングは? 供花をいただいた場合のマナーについてご説明します。
お墓のこと

お墓を建てるお金がない!納骨や遺骨はどうすればいい?

葬儀はできたけれども、その後の埋葬先は?納骨は? 悲しみの中に居ながらも同時に現実的な心配をしなくてはいけないものです。 ですが、そんな方のためにも解決方法はあります! 新しい形で故人を弔う方法は?お金がなくても大丈夫? ということについてご案内します。
参列者はこちら

お通夜での靴のマナーについて!男性はどこを気にすればいい?

社会人になると、これまで以上に多方面での付き合いが増える事もあり、お通夜や葬儀に参列する機会も増えてきます。 そして、その中でも気になる事の1つとして挙がるものの中に【服装】があります。 今回は、その服装の中でもさらに絞った【靴のマナー】について解説していきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜での女性の髪型や髪色のマナー!ショートやロングのアレンジを紹介!

突然、お通夜・葬儀に参列することになった時、服装・作法などに戸惑う方も多いのではないでしょうか。 ただ、髪型まで配慮できている人は意外と少ないものです。 ご遺族の方々に失礼のないように、大人の女性として知っておきたい通夜・葬儀参列の際の髪型についてご紹介します。
参列者はこちら

お通夜に出席するとき参列者が無宗教なら数珠は必要ない?香典の金額の相場はいくら?

ご葬儀の形として一般的なのは仏教葬です。 無宗教の葬儀を望まれる方も増えていますが、まだまだ一般的ではありません。 ご自身が無宗教の場合、参列する際に気をつけることはあるでしょうか? 参列の際のマナーは?香典は?その額や相場は? についておさらいしていきましょう。
参列者はこちら

お通夜での服装について!女性はパンツスーツでいい?インナーやストッキングの色は?

結婚式とは違い、お通夜などの弔事は急にあるもの。仕事帰りに参列するなど、準備にあまり時間がかけられない!ということもありますよね。 しかしいくら時間がないからと言って、どんな服でもOKというわけではありません。今回は、女性がお通夜に参列するときの服装を選ぶ際に、注意しておきたい点についてお話ししていきたいと思います。
お通夜

お通夜で受付を頼まれた際の言葉遣いや挨拶のマナーを解説!全体の流れについても!

お通夜の受付とは、遺族の代理として弔問客をお迎えするという大切な役割。 弔問客からお悔やみの挨拶を受け、香典を受け取り、記帳をお願いするという立場です。 葬儀の受付をお願いされたら?マナーとして知るべきことをひとつずつご説明しましょう。
葬儀

葬儀費用は誰がいつ支払う?カード払いや分割も可能?

葬儀全体にかかる費用は、大変高額の印象がありますね。 日本消費者協会による調査結果では、156.1万円(全国平均)だそうです。 お墓がない場合には葬儀費用のほかにお墓の費用もかかりますし、葬儀社に支払う費用のほかに僧侶への支払い(基本的には現金)が必要となります。 そんな高額な葬儀費用について、誰が、いつ、どのように支払うものなのでしょうか?ということを詳しくお伝えします。
家族葬

家族葬の事後報告をする時期や例文を現役の葬儀屋さんが紹介!

今回は、現役の葬儀屋さんが家族葬の後における事後報告に焦点を当てて書いていきたいと思います。
家族葬

家族葬でのお花代とは?相場やマナーを紹介!

ご葬儀の時に必ずと言っていいほど見かけるのが、お花がありますよね。これは「供花」と呼ばれるもので、お花の上にはボードで「孫一同」、「株式会社〇〇 ××部一同」、「代表取締役 ○○」などとお花を送った方の名前が書かれます。 今回は、このお花にかかるお金、「お花代」について書いていきたいと思います。