葬儀で受付を頼まれた時の注意点や流れを詳しく解説!

スポンサーリンク
葬儀

 

お葬式の受付ってあまり頼まれることがありませんよね。

 

頼まれないからこそ、どのような点に注意したらいいのかや受付の流れがどうなっているのかは、わからないものです。

 

今回は葬儀の受付ではどのようなことをするのか、受付全般と受付をするときに男性の服装や髪型、女性の時は服装やお化粧について見ていきましょう!

 

葬儀の受付は何をするの?注意する事は?

 

お葬式の受付は一体どのようなことをするようになるのでしょうか。

 

順番に見ていくことにしましょう!

 

・受付の役割は?

お葬式の受付の役割は、お葬式に来られた方々がきちんと参列できるようにしてもらうための案内をするようにします。

※受付の役割※

1.筆記用具等の準備

2.芳名帳の準備

3.挨拶

4.香典受取

5.返礼品渡し

6.会場案内

7.香典を会計係に渡す(弔問客が去った後)

 

受付の役割として一連の流れは1~7のようになっています!

 

ひと通りこの流れがわかっていても、いざ当日に受付をするとなるとなかなかうまくできないこともありますよね!

 

受付をお願いされたら、簡単にでもいいのでイメージトレーニングをしてみてください。

 

ぶっつけ本番でもいいですが、必ず困る点が出てきてあたふたする事があります。

 

また、受付を行う場合は香典の受け取りなども行います。

 

芳名帳に記載してもらった金額と、香典袋の金額と間違いがないかその場で確認するかどうかは、遺族の方々と話し合っておきましょう!

 

入れ忘れられているということもありますが、お金が足りないとなると、まず疑われるのは、受付の方になると思います。

 

弔問に来られた方にも一声かけ、中身の確認と名前の確認をし、間違いがないかをきちんチェックしましょう!

 

葬儀の受付は、色々と細々した内容があるので、気配りや目配りができる方の方が向いているかもしれないですね!

 

・受け答えで注意すること

ひと通りの流れが把握できたところで、受け答えで注意しなければならない点があります。

 

※受け答えでの注意点※

・挨拶の仕方
・言葉遣い
・お葬式のスケジュールやトイレなど

受付の対応次第で、弔問客が故人を供養できるかどうかが変わってきます。

 

特に大切なのは、挨拶の仕方や言葉遣いですね!

 

挨拶は遺族に代わって行うものであり、適当にするものではありません。

 

そのため、弔問客にきちんとした挨拶をするように心がけましょう!

 

またそれに合わせて言葉遣いも丁寧語を使うようにし、弔問に訪れてくれたことに感謝をするようにしましょう。

 

・受付での挨拶について

受付でする挨拶は、芳名帳に記入をしてもらった後になります。

 

丁寧に「本日は、お忙しい中お越しいただきましてありがとうございます。」などの挨拶が一般的です。

 

話し言葉ではなく、丁寧語を使うようにしてくださいね!

 

年配の方々はよくご存じなので、少し聞き耳を立てて聞いてみて下さい。

 

不快な思いをされる方も中にはいらっしゃると思いますので、挨拶の仕方も不快にならないような挨拶でしましょう!

 

その挨拶がすんだあと、香典等を受取、会場の案内をするような形となります。

 

受付であいさつ後に聞かれるのは、場所や開始時刻、トイレの場所などです。

 

これらの点は、きちんと把握するようにしておきましょう!

 

・お礼を渡すタイミングは?

お礼を渡すタイミングなどですが、香典を受け取った後にお返しを渡すようになります。

 

返礼品の渡し間違いなどしないように注意してくださいね!

受付での男性の髪型や服装について

 

受付をする方の印象があまりよくないとお葬式はきちんと行えるのか、間違いなどないのか心配になってしまいますよね。

 

それらの心配をなくすためにも、きちんとした髪型や服装などで受付をするようにしましょう!

 

【服装】

・上下セット⇒ブラックスーツ
・ワイシャツ⇒白
・ネクタイ⇒黒
・靴下⇒黒
・靴⇒黒

*靴⇒エナメル× 革製品⇒殺生をイメージさせてしまう×*

カフスボタンは、付けてはいけません。

タイピンも付けないようにしておきましょう。

【髪型】

参列者に不快感を与えない髪色にしておきましょう。

以前は、黒髪が主流とされており、当たり前とされてきました。

しかし、現在では、茶髪の方も結構見受けられます。

第一印象はとても大切になってきますので、注意が必要です。

もし受付などを任せられた場合は、1日のみ黒髪戻しなどを利用し、清潔感を与えるようにしておきましょう。

 

あくまでも受付は、遺族側の立場の者になります。

 

・マスクはしてもいい?

以前までは、マスクをしての受付はNGとされていました。

 

現在では、花粉症の方や風邪の方などもおり、マスクをつける方が増えてきたのが現状ですね。

 

受付をする場合は、事前に遺族の方に理由をきちんと伝えておきましょう!

 

そして受付の方は、先に焼香をしておくことが多いと思いますが、その時はマスクを外しておきましょうね!

 

受付での女性の服装や化粧について

 

男性の髪型やマスクについては、一通り分かりましたよね。

 

次は、女性の方を見ていきましょう!

 

【服装】

黒かグレーのスーツなどが良いですね。

ワンピースやスリーピースでも問題はありません。

胸元のはだけたようなブラウスなどは、着ないようにしましょう。

 

【靴・バッグ】

・光沢のないものを選び、シンプルなもの

・靴は、かかとの低めの靴

 

ピンヒールなどは、履かないようにしましょう!

サンダルやブーツやスニーカーなどもNGです!

足元は意外に目立ちますので、注意してくださいね。

バッグは金具のついているものは、NGとされています。

 

金具部分は、できるだけ隠しておくようにしましょう!

 

布製の黒いバッグにすると特に問題はなさそうです。

 

受付する方も、一般的に参列する方もどちらも服装にそこまでの変化はありません。

 

【お化粧】

お化粧に関しては、薄化粧をするようにしましょう!

 

ノーメイクや赤い口紅などはマナー違反となってしまいます。

 

とにかく落ち着いた雰囲気のお化粧にすることをお勧めします。

 

アイシャドウやアイブロウはハッキリ入れず、うっすら入れる程度にするようにしてください。

 

アクセサリー類などに関しても結婚指輪以外の物は付けてはいけません。

 

注意したいのは、つけ爪などですね!

 

基本的にマニキュアは落とし、ベージュなど落ち着いた色にしておきましょう。

 

【髪型】

男性と同様に落ち着いた色目で、清潔感のあるものにしておきましょう。

 

カラーリングが目立つ場合は、1日のみの黒髪戻しなど利用すると良いでしょう。

 

長い髪の毛の場合は、耳の下あたりでまとめるようにしましょう。

 

ゴムやヘアピンも黒で統一し、受付をする際に、バサッと落ちてこないようにしておきましょう。

 

・マスクはしてもいい?

女性の場合も以前であれば、適さないといわれていたマスク着用。

 

現在はマスクを着用する方も多く、様々な理由を抱えておられます。

 

その為、理由を前もって、遺族の方にマスク着用することを伝えておきましょう。

 

事前に言うのと、言わないのとでは、印象も違いますよね!

 

葬儀の顔が、受付で決まるといっても過言ではありません。

 

年齢層に幅のあるお葬式の席。

 

状況に応じてマスクが必要な場合は、ある程度認められてきたようです!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

葬儀での受付を頼まれたときの注意点や流れ、誰に頼むなど、受付関係のことについてまとめてみました!

 

お葬式などで受付をお願いされてもいきなりのことだと、なかなかできない方も当然いるはずです。

 

ただ、故人を偲ぶという意味も含めてお手伝いをしてあげるのは良い事です。

 

ひと通りの流れを把握できれば、受付もそこまで難しくはないので、慌てることなく対応するようにしてくださいね!