葬儀での花の相場やマナーを解説!種類や注文の仕方についても!

スポンサーリンク
葬儀

 

供花とも呼ばれる葬儀でのお花。

 

飾る場所や贈り方、たむけかた、宗教、地域によってさまざまです。

 

花をあしらうことで故人の霊をなぐさめ、ご遺族の心もなぐさめられます。

 

故人への感謝とご遺族のお悔やみの気持ちを込めて贈りたいものです。

 

今回は、供花の相場や種類、注文の仕方やマナーについてのお話しをしていきます。

葬儀で贈る花の相場やマナー

 

葬儀で送る花は一般的に供花(くげ)(きょうか)と呼ばれます。

 

白い色の花が基本ですが、故人の好きだった花を贈る場合にはこの限りでなはいようです。

 

飾る場所などの問題や、ほかに贈られる供花との兼ね合いもあるため、喪家へ問い合わせてから準備するようにしましょう。

 

供花として好まれる花はキク、ユリ、ラン、カーネーションなどがあります。

 

その中でも、キクは高貴・高尚という花言葉であり、カラーは清浄、カーネーションは尊敬、無垢で深い愛など、故人をしのび、思う気持ちが表現できそうです。

 

花の相場はどのようなタイプかにもよりますが、1万円から3万円程度です。

花の注文方法は?

 

供花は、宗教や地域の風習による違いもあるため、葬儀を担当している葬儀社にお願いするのが一般的です。

 

葬儀社の中には持ち込み供花お断りのところもありますので覚えておきましょう。

 

親族の場合、喪家が注文を取りまとめることが多いため、訃報の連絡を受けた際に注文するかどうか、意思表示をしておくと安心です。

 

その際、祭壇の回りが寂しくならないように果物などの籠盛りをお供えする、枕花にする、花環にするなど、葬儀全体でのバランスを考慮して話し合って決めることもあります。

 

そのため、金額面や何を贈りたいと思っているかなど、応じられる範囲も合わせて伝えておきましょう。

 

特に通夜前は非常に慌しい状況ですので、供花などの相談は担当葬儀社にするのがマナーです。

 

ただ、訃報を人づてに聞いたときや新聞で知ったときなど、供花の打診が無い場合もあります。

 

この場合でも会場と日程さえ分かっていれば、担当葬儀社を通じて注文し、供花を贈ることができます。

 

担当葬儀社を通じて注文することで、すでに取りまとめられている親族の意向や葬儀全体のバランスを保つことができるのです。

葬儀で贈る花の種類を紹介!

 

葬儀で飾られる花は祭壇や枕元だけではありません。

 

葬儀全体を通じて故人の霊をなぐさめるために様々なところに飾られます。

 

お通夜などの際にそっと飾られるものが枕花(まくらばな)、キリスト教などの葬儀の際、焼香の代わりとなるのが献花(けんか)、葬儀場などの外などに飾られる造花などで作られる大きな花飾りを花環(はなわ)と分類することが一般的です。

 

どこにどんなお花を飾るのか、宗派や地域などによる違いも含めて紹介していきます。

供花とは?

供花とは基本的に葬儀に用いられる生花のことを供花と呼びますが、葬儀全体を通じて用いられるお花の総称でもあります。

 

スタンドフラワーなどの場合、2基(にき・2つという意味)1対(いっつい・2つで1セットという意味)が基本でしたが、近年では飾る場所などの関係もあり、生花ではなくブリザーブドフラワーが用いられるようになってきたり、1基単位で贈ることも増えてきました。

 

葬儀全体として地域、宗派を問わず共通することとして、バラは用いられないということです。

 

仏教では白をベースに落ち着いた雰囲気に仕上げられることが多いですね。

 

東北地方では納骨までの間、祭壇に飾られる場所もあり、固く閉じたつぼみの菊のかご花を贈る風習があったり、関西地方では樒(しきみ)という榊(さかき)に似たような形の細長く白い花を用いる風習があったりします。

 

神式は仏教と大きくは変わりませんが、神事では榊を用いることが知られています。

 

現代では仏教でいう喪主にあたる祭主が榊を供え、それ以外の方が花を供えることが一般的です。

 

花は白い菊が使われることがほとんどですがユリの花も使われます。

 

仏教で用いられる胡蝶蘭は使われず、白をベースにシンプルな色合いで供えられます。

 

キリスト教の場合は故人の霊前に花を供える習慣がないため、ご遺族が辞退されることもありますので注意が必要です。

 

遺族への慰めとして贈る場合、洋花を中心に白い花に限らずに用いられます。

 

仏教などで中心となる白菊は用いられません。

 

キリスト教ならではの風習として、十字架やハートのフラワーアレンジメントが贈られることがあります。

 

枕花とは?

枕花とは亡くなられた方の枕元や棺のそばなどに飾られる花で、地域によってタイミングはまちまちですがお通夜前後まで、ご遺体の寄り添うように供えられる花のことです。

 

地域によっては納棺の際に一緒に棺に納められることもあるようです。

 

一般的な相場は10000円前後で白を基調にシンプルな洋花のアレンジメントが主流です。贈る際にはご遺体が到着する前にお花が届くことのないようにタイミングに注意します。

 

また、キリスト教の場合は大きめの菊は好まれないことが多いため注意しましょう。

献花とは?

献花とは主に仏教以外のお葬式の際に用いられるお花です。

 

仏教でいうお線香の代わりになるものです。

 

あらかじめ用意されている花を1人1本ずつ手に取り、花を祭壇の方へ向けて置き、故人とお別れをします。白い1輪の花が好んで用いられます。

 

花輪とは?

花環とは故人をしのんで通夜から葬儀にかけて用いられるものです。

 

その大きさゆえに外に飾られることがほとんどですね。

 

しかし、近年ではスペースの問題や景観への配慮などから遺族側が辞退するケースが増えてきました。

 

また、造花が多いため、生花のみを使用するキリスト教の葬儀の場合には用いられることはないと言ってもよいでしょう。

 

ですが、一部地域ではタオルで作ったタオル花環やボトルに入ったワインを組み込んだワイン花環などユニークな花環が飾られる地域もあります。

 

一般的花は輪の相場は10000円から30000円で15000円前後が近年では主流となっています。

 

タオル花環やワイン花環は造花の花環とは異なり、葬儀の後に参列者や親族に分けられます。

葬式で貰った花はどうしたらいい?

 

一部地域ではお葬式の後に飾ってあった花を持ち帰るところがあります。

 

地域差が激しく、持ち帰るための新聞紙やビニールなどを用意してくれるところもあれば、帰り際に小さな花束となって手渡されるところもあります。

 

しかし、そもそも持ち帰る風習がないところもあるため、遠方の葬儀に参列した場合、持ち帰ってほしい旨のアナウンス等がなければ持ち帰ることは避けましょう。

 

では、もしお花を頂ける葬儀だった場合についてどのように飾ればよいのかについて解説します。

 

どこに飾ればいい?

お葬式に使われる花の多くは贈りものであるため、品質の良いものであることが多いです。

 

ただし、生花店などで買ってきた花と違うことが1つ、それは葬式に用いられた後のお花であるということです。

 

それをどう捉えるかによって、どこに飾るのかが自ずと決まるようです。

 

地域によっては○○さんの葬儀に参列したこと、そちらの世界へ旅立ったことを報告するために自宅のお墓に供えて報告する習慣があったり、同じ目的で仏壇に飾るところもあるようです。

 

また、天寿を全うされた葬儀での花は長寿の縁起を担ぐために玄関に飾るところもあれば、リビングなどの常に見えるところに飾り、故人を偲んだりと様々のようです。

 

地域によって差はありますが、ここに飾ってはいけないというルールはないようです。

仏壇に飾るのはダメ?

仏壇に飾ることについては、葬儀に関するお花の扱いの中でも一番意見が分かれるところだと思います。

 

お葬式のお下がり、一度供えたものをもう一度供える2度供えにあたるなどという理由から、仏壇には供えないという風習がある地域もあれば、○○さんの葬儀に参列したこと、そちらの世界へ旅立ったことを報告する目的もかねて仏壇に供える風習がある地域もあります。

 

また、僧侶によっては仏壇に手を合わせることは宗派を超えてすべての仏さまへの供養であると考える方もおり、葬儀で使われた花を仏壇に供えて手を合わせることで、ご先祖の供養と同時にその葬儀で送られた故人への供養にもなるため、仏壇に供えた方がよいという見解を示される方もいます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

様々なしきたりや風習、時代背景などにより、葬儀で用いられる花は変化してきました。

 

近年では近隣での婚姻が減少し、地域を超えた婚姻により習慣や風習も受け継がれにくくなっていることを背景に、お花1つでさえ葬儀でのトラブルに発展する事態に陥ることも少なくないようです。

 

供花は花の部分を摘み取ってすべて棺に入れる地域もあれば、きれいさっぱり持ち帰る地域もあります。

 

また、固く閉じたつぼみの花かごを49日かけて咲かせて故人を偲ぶ地域もあります。

 

どれが正解で、どれが間違いではなく、そこに共通することは「故人を偲ぶ」こと、「先祖を供養する」ことに尽きると思います。

 

まずは故人を偲ぶためにも、その地域の風習を知り、尊重してください。

 

そして先祖の供養のために、先祖代々伝わる教えを知り、伝承してください。

 

いつの時代にも変わらないことは「その人を思う心」だと思います。