香典を会社の連名で出す時の書き方を紹介!中袋の向きや相場についても!

参列者はこちら

 

会社でお世話になっている人の親御さんが亡くなって、香典を渡したいんだけど、1つの香典袋に数名分の香典を入れる時って部署名を名前の前につけるべき?

香典の相場や中袋の向きも知りたいなぁ。

 

社会人になると通夜や葬儀・告別式に参列する機会が増えてきます。

 

その中でも、会社関係の方の通夜や葬儀・告別式に参列することもあるのではないでしょうか?

 

そういった場合は親戚などの場合と違って、個人ではなく同僚の方々や部署の方々などと連名で香典を出すことがあります。

 

会社名や部署などの名称を書くのか、それとも連名で出す人全員の名前を書くのか、また金額はどうしたらいいのかなど色々悩まれると思います。

 

訃報はいつも突然やってきますので、いざという時に焦らないよう最低限のマナーなど知っておきたいですね。

 

今回は、香典を会社の連名で出す時の書き方や、香典の相場などのお話しをしていきたいと思います。

香典を会社の連名で出す時の書き方

 

会社の連名で香典を出す時ってどう書けばいいの?

 

 

香典袋に記載する名前を連名で書く場合、その人たちの関係性や人数などによって変わってきます。

 

1.基本的な書き方

連名で書く場合の基本は、上司など目上の方を右側から書きます。

 

一番右側には、名前の文字よりも小さな字で会社名も記載します。

 

この時、会社名を除いた連名で書いた名前の真ん中を、香典袋の中心に合わせて書くとバランスよく見えます。

 

2.3人の連名で書く場合

目上の人から順番に右側から書く、一番右に会社名を書くといった基本的なことは同じです。

 

3人の名前の書き方は、香典袋の中心に1人の名前を書いて、その左右に1人ずつ名前を書きます。

 

3.4人以上の連名で書く場合

連名が4人以上になるときは、右側に会社名を書き、香典袋の中心に代表者の名前を書きます。

 

そしてその方の名前の左下に、「外一同」と書きます。

 

「外一同」の文字のサイズは名前より少し小さめで、会社名よりは少し大きめで書くとバランスよく見えますよ。

 

そしてこの場合、中袋や別紙に、代表者以外の香典を出した人全員の名前、住所、金額を記載することを忘れてはいけません。

 

4.会社名や部署名で書く場合

この場合は、香典袋の中心に会社名や部署名を書きます。

 

部署の場合は、中心に「〇〇部一同」と書き、右側に少し小さな字で会社名を書きます。

 

この場合も、中袋か別紙に、香典を出した人全員の名前、住所、金額を記載しましょう。

中袋の向きや書き方

 

まず、香典袋と言っても色々な種類があります。

 

一般的には、中袋がなく水引きが印刷されているタイプや、外包みと名が袋に分かれていて白黒の水引きがかけてあるタイプは何度か見たことがあるのではないでしょうか。

 

このように、色んな種類の香典袋があるのは、中に入れる香典の金額によって使い分けるためです。

 

どれくらいの金額の場合にどんな種類の香典袋を使えばよいのかは、以下の通りです。

 

・3千円~5千円…中袋がなく水引きが印刷されたもの

・1万円~2万円…中袋の付いた、白黒の水引きがかかったもの

・3万円~5万円…中袋の付いた、高級和紙の外包みに銀の水引きがかかったもの

・10万円…中袋の付いた、高級和紙の外包みに、銀紙の装飾や手の込んだ水引きがかかったもの

 

連名で香典を出す場合では、人数が多いほど中身の金額も大きくなると思いますので、中袋付きの香典袋を使うことがほとんどだと思います。

 

外袋の書き方は先述した通りですが、では中袋の書き方には何か決まったマナーなどはあるのでしょうか?

 

1.中袋の書き方

香典袋以外にも、中袋がついている熨斗袋(のしぶくろ)はご祝儀袋など様々な用途で使います。

 

用途に応じて使い分ける熨斗袋ですが、基本的には中袋の使い方や書き方は同じなので覚えておくと良いかもしれません。

 

中袋には、住所や金額を書く場所が決まってあるものとそうでないものがあります。

 

住所などの書く欄が印刷されていない真っ白の中袋の場合は、まず封筒表面の中央の位置の上からやや下の辺りから「金〇〇円」と書きます。

 

そして裏面の左下に、下揃えになるように自分の名前と住所を書きます。

 

2.中袋で書く場所が決まっている場合

中袋に、住所や名前、金額などを書く欄がはじめから印刷されたものがあります。

 

その場合は、印刷された箇所に合うように書きます。

 

3.漢数字一覧

住所の番地や、香典の金額を書く際は、通常は旧字体の漢数字で書くとされています。

 

旧字体が使われる理由は、「一、二、三」などは、横線を足すだけで簡単に文字が書き換えられてしまうためです。

 

旧字体の漢数字は、

一 … 

二 … 

三 … 

五 … 

*四、六~九はそのままです

千 … 

万 … 

円 … 

 

もし、書く欄がはじめから印刷されている中袋で、金額を書くスペースの狭い場合は、無理して旧字体など漢数字を使うと、画数が多く見た目が悪くなってしまうこともあります。

 

その場合は、アラビア数字(算用数字)でも失礼にはならないので大丈夫です。

 

また、金額を書く欄が横書きの中袋もあるようですので、その場合もアラビア数字でも大丈夫です。

 

4.お札の入れ方

 

香典袋に入れるお札の向きって正しい決まりはあるのかな?

 

香典袋に入れるお札の向きは、特に正式な決まりはないとされていますが、相手への心遣いとして、袋からお札を取り出したときに札が表を向いているようにしましょう。

 

ここで言うお札の表裏は、肖像画のある方が表、ない方が裏となります。

 

香典袋や中包みが封筒の場合、封筒の裏側(住所や金額を書く面)にお札の表が来るように入れます。

 

右利きの方が多いと思うので、左手で封筒を持ち右手で封を開けてお札を取り出すことを考えると、肖像画が上にくるように入れる方が良いですね。

 

封筒以外で、半紙などで包む場合は肖像画が下になるようにお札を包みます。包みを開いたときに、お札の「〇〇円」が頭からきちんと読めるように向きを考えます。

 

どちらの場合も、複数枚入れるときは向きをそろえましょう。

 

外包みと中袋に分かれている香典袋の場合、香典袋の取り扱い方にも注意が必要です。

 

お札を入れる中袋を取り出したり、外包みに入れるときに、水引きを外してはいけません。

 

香典袋に折り目がついたり、水引きが曲がったりしないように気をつけましょう。

 

また、香典袋の裏側の重なりは、必ず「上側が下側を覆うように」たたみます。

 

これは、香典だけではなく弔事の場合はすべてこの重なりになります。

 

「不浄なものを上から下へ流す」という意味をもっています。

 

慶事ではこの反対のたたみ方になり、「幸福が下に流れないように下の紙で受け止める」という意味を持ちます。

 

葬儀の受付でのマナー

 

連名で香典を出す場合、必ずしも香典を出した人全員が会葬するとは限りません。

 

この場合、受付での挨拶や記帳などはどうしたらよいのでしょうか?

 

代表して参列した方は、芳名帳の氏名欄には「〇〇株式会社 一同(有志)」「〇〇株式会社 △△部署 一同(有志)」などと記載し、その下に小さく参列した代表者の名前を書きます。

 

たまに「有志一同」と書いてある場合がありますが、これは間違いですので気をつけましょう。

 

受付の際に自分の名刺を出す場合は、必ず名刺の右上に「弔」と書きましょう。

 

そして左端(名刺が縦書きの場合)か下側(名刺が横書きの場合)に、「〇〇部を代表して会葬させていただきました」など一言添えるようにしましょう。

 

故人の家族であっても、仕事関係の人では面識のない方もたくさんいらっしゃいます。

 

もし葬儀後などに挨拶や返しをするときにご遺族の方々が困らないために、誰が代表して参列したのか、ちゃんとわかるようにしておきましょうね。

会社で香典を出す際の相場は?

1.金額についてのマナー

連名で香典を出す場合、中身の金額も全員分をまとめた金額になります。

 

そのため、金額の合計が「4」や「9」が入らないように気を付けなければなりません。

 

「4」や「9」といった数字は、死や苦を連想させる縁起の悪い数字とされていますので、好ましくありません。

 

また、端数にならないようにしましょう。

 

合計金額が3万円や5千円、などは大丈夫ですが、3万6千円など端数がある金額は好ましくありません。

 

ですので、合計金額に配慮したうえでそれぞれの金額を決定するようにしましょう。

 

2.金額の相場は?

一般的な香典の相場は3千円~5千円ですが、会社で連名で出す場合の相場はいくらくらいなのでしょうか。

 

連名にして香典を包む場合は、香典の合計が1人分とはなりません。

 

また、連名にする人達が同じ金額でないといけないこともありません。

 

その人の役職や故人との関係性などによって金額が変わっても大丈夫です。

 

ですがその場合は、先述したように中袋や別紙に、名前とそれぞれの金額が分かるように明記しておきましょう。

 

金額の目安は、ご遺族の負担とならないように千円~3千円ずつが相場と言われています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

会社の連名で香典を出す場合、香典を出す人の人数や関係性などによってマナーが違ってくることがお分かりいただけたかと思います。

 

社会人となると、葬儀だけではなく冠婚葬祭に参加することは増えてきます。

 

一人前の社会人として恥ずかしくないように、こういった正式な場面でのマナーは最低限身につけておきたいものですね。