葬儀社はどう選ぶ?後悔しない葬儀社選びと選ぶ際の基準はこれ!

 

葬儀って参列者としてなら人生で何度も経験する可能性がありますが、葬儀を執り行う側にまわることって何度もある訳ではないですよね。

 

葬儀を執り行う側には様々な思いがあります。

 

「費用はかけたくない」

「小さいお葬式でいい」

「葬儀はいらないと言われた」

 

全てのニーズを満たす葬儀社がすぐに見つかればいいですが、全国に登録されている葬儀社の数は約7000件と言われています。

 

その中から全てのニーズを満たす葬儀社を探し出すのは至難の業です。

 

そして、ごく一握りの葬儀社は悪徳だとも言われているんですよね。

 

そこで今回は、後悔しない葬儀社選びと選ぶ際の基準ということで解説していきたいと思います。

先代からお付き合いのある葬儀社が1番

 

昔から住む場所が変わらず、ずっと定住するのであれば、あれこれ悩まずに先代からお付き合いのある葬儀社を選ぶのが1番いいですし、失敗しません。

 

理由は大きく2つあります。

 

1 自身の身内の葬儀を経験して、対応などを見ているから

 

2 ご近所さんも利用している可能性があり、リアルな評判をすぐに知ることができる

 

この2点に限ります。

 

東京などの大都市になると葬儀社の数も数十社〜と数が多くなり、色々と目移りしてしまいがちですが、葬儀社の数が少ない地域だと昔から知っているという事もあり、不安な部分が明らかに少なくなります。

 

変に新しくできた葬儀社などにお願いして、とんでもない対応をされたら後悔してもしきれないですからね。

 

移住してきて葬儀社との繋がりが全然ない

 

慣れ親しんだ地元を離れ知らない土地に移住してくると、環境はもちろんですが、その他にも色々とリセットされます。

 

また地元に戻る予定なら未だしも、移住先でずっと過ごすとなると後々に困ってくるのは葬儀社選びなんですよね。

 

地元と違って葬儀社の評判も分からないし、地域によっては地元よりも葬儀社が多い可能性もあります。

 

1社ずつ見積もりを取って見比べて〜なんてしてる時間があれば良いですが、人の死は予測できるものではありません。

 

ひと昔前なら1社ずつ見積もりを取って比較していたかもしれないですが、ネットが普及した今、お住いの地域の葬儀社の比較って簡単にできるようになったんですよ。

 

とても面倒な葬儀社の比較を数秒で行ってくれるのが、【葬儀レビ】です。

 

葬儀レビならお住いの地域の葬儀社を最大5社も紹介してくれるので、費用の比較などもすぐに見ることができます。

 

また、取り扱っている葬儀社も約500社あり、葬儀レビの審査基準を満たした優良な葬儀社ばかりなので、ごく一握りあるという悪徳葬儀社に引っかかることがなくなります。

 

お住いの地域の葬儀社を比較できるということで、良いことづくめな様にも思えますが、こういう場合は利用しなくてもいいかもしれません。

 

・お住いの地域に比較するほど葬儀社が無い

・すでに葬儀社が決まっている

・地元に引き上げる予定がある

 

上記のポイントに当てはまる方は葬儀レビを利用せずとも、納得のいく葬儀社が選べるかと思います。

 

では、逆に葬儀レビを利用した方がいいのはどういう方達なんでしょうか。

 

・葬儀社が多くて費用の比較が大変

・越して来たばかりで葬儀社の評判が分からない

・急ぎで葬儀社を探している

 

特に葬儀社が多くて費用の比較したいと思ってる時は葬儀レビを利用する事をオススメします。

 

【葬儀レビ】公式サイトはこちら 

 

家族だけで故人を見送ってあげたい

 

近年増加している葬儀の形式で家族葬があります。

 

葬儀の内容は一般的な葬儀と変わりませんが、参列者が近しい親族のみなので気を使うことなく、ゆっくりと故人との最期の時間を過ごす事ができます。

 

家族葬は香典を受け取らない事が多いので、香典返しもほとんどの場合ありません。

 

一見すると楽な様にも思えるんですが、香典を葬儀費用に充てがう事が出来ないのがデメリットもあります。

 

なので、なるべく費用を抑えた家族葬がしたいという方が増えてきているんですよね。

 

家族葬の平均費用はこの様になっています。

 

引用:葬儀レビ

 

一般葬と比べると費用はとても抑えられていますが、それでも平均すると約60万円ほど。

 

葬儀は最期のセレモニーと言われるので、60万円ぐらいなら・・・。

 

と思う方も多いかもしれないですが、その60万円が高額に感じる方がいるのも事実です。

 

私も父の葬儀の時は、一般的に高い費用ではなかったですが、高額に感じました。

 

病院への支払い、介護施設への支払いなど葬儀以外にも多くの出費が重なったこともありますが、私の様な経験をする人もきっと多いと思います。

 

なので、葬儀費用を抑えたいと思うのは決して悪いことではないんです。

 

だからもし、「家族葬で費用を抑えたい」と思うなら【小さなお葬式】をオススメします。

 

全国対応している点や、費用の安さなどが大きなメリットですが、さらに詳しい内容はこちらで紹介しています。

 

 

また、無料の資料請求で葬儀費用が割引される特典もあるので、一度資料請求をしてみるだけでもいいかもしれないですね。

 

小さなお葬式の無料資料請求はこちら 

葬儀はあげなくていいと言われた

 

習慣や伝統を大切にする日本人にとって、「葬儀は人が亡くなると必ずしなくてはいけないもの」という考えがあります。

 

ですが現在、葬儀を執り行わずに火葬のみで済ませる家庭が増えてきているんですね。

 

この火葬のみの葬儀の事を「直葬・火葬式」と言って、お通夜や葬儀を執り行わずに火葬と骨上げのみを行います。

 

 

この直葬にも他の葬儀形式と同様にメリットやデメリットがあるので、説明していきたいと思います。

 

直葬・火葬式のメリット

 

直葬・火葬式のメリット

・費用がほとんどかからない

・遺族側の精神的負担や疲労が少ない

・返礼品がない

 

この3つが直葬・火葬式での大きなメリットと言えます。

 

お通夜や葬儀を執り行わないので、葬儀にかかる費用のほとんどが省けますし、納骨までの時間が極端に短くなるので遺族側の疲労や精神的な負担が減るのも大きなメリットと言えます。

 

そして、葬儀を執り行う際に参列者に配る返礼品がないのもメリットと言えるでしょう。

 

では、逆に直葬・火葬式におけるデメリットとは?

 

ということで紹介していきたいと思います。

 

直葬・火葬式のデメリット

 

直葬・火葬式のデメリット

・菩提寺からの納骨の拒否

・悪徳葬儀社に追加料金を請求される

・親族とのトラブル

・お別れの時間が短い

・葬儀後の弔問客の対応

 

などが挙げられます。

 

形式を重んじるのは日本人は「葬儀は必ず執り行うもの」という認識が非常に高いです。

 

ましてや、年配の方になるとその傾向は強くなるんですよね。

 

なので、直葬・火葬式を前もって話さずに執り行うと反感を買う恐れがあります。

 

こんな感じで、一見するとデメリットが目立ってしまいますが、葬儀費用を抑えたいと思っている方が多いのを裏付ける様に直葬・火葬式を執り行う件数は年々増加傾向にあります。

 

公正取引委員会が全国の葬儀業者に行った2016年の調査では、友人や仕事の関係者、近所に住む人なども参列する「一般葬」が減少し、「家族葬」が増加している傾向が明らかになった。火葬のみで済ませる「直葬」が増加している、という業者の回答は26.2%もあった。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20170912-OYT8T50096/

 

2016年と少し古い情報ではありますが、増加傾向にあるのが分かるかと思います。

 

なので、

 

・費用を抑えたい

・参列者がほとんど居ない

・葬儀はいらないと言われた

 

こういう方は直葬・火葬式を選んだ方がいいと言えるでしょう。

 

また、デメリットの部分で挙げた悪徳葬儀社は実際に存在していて、プラン外のオプションを言葉巧みに追加させ、本来の葬儀費用の倍近い金額を請求してくると聞きます。

 

 

色々なケースがありますが、精神的に落ち込んでいるところに上手くつけ込まれるそうなので、注意が必要です。

 

では、そんな悪徳葬儀社に捕まらない為にはどうすればいいのか。

 

それは、葬儀費用をしっかりと打ち出し、実績と評判がある葬儀社にお願いする。

 

これが悪徳葬儀社に捕まらない1番の対策となります。

 

よりそうのお葬式 は定額プランで業界最安値を打ち出しているので、葬儀費用の心配は無用。

 

さらに、満足頂けなければ葬儀費用を全額返金するという葬儀の品質へのこだわりも強いのが大きな特徴です。

 

無料の資料請求で葬儀費用の割引もあるので、1度資料請求をして内容を見てみるのもいいかもしれないですね。

 

よりそうのお葬式で無料の資料請求をするならこちら 

 

・東京・埼玉・千葉・神奈川で満足いく葬儀をしたい

 

平成17年の情報になりますが、東京にはおよそ422の葬儀事業所があるのをご存知でしょうか?

 

引用:https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/result-2/h17/pdf/h17-t-16.pdf

 

これは全国47都道府県で群を抜いている数で、この中から満足のいく葬儀社を探すのは正直難しい話です。

 

葬儀を執り行った後に追加料金を請求をする葬儀社もあれば、あれこれとオプションをつけて費用をどんどん高額にしていく葬儀社だってあるかもしれません。

 

「最期のセレモニーと言われている葬儀で後悔だけはしたくない」

 

これは誰しもが思うことだと思います。

 

「都内だと葬儀社が多すぎて選びきれない・・・」

 

「埼玉、千葉、神奈川で納得のいく葬儀がしたい」

 

「費用面もしっかり説明してくれる良心的な葬儀社にお願いしたい」

 

そんな悩みをお持ちなら、「東京葬儀」で1度無料の資料請求をしてみる事をオススメします。

 

東京葬儀は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を対応エリアとしている葬儀社で数多くのメディアへの出演や映画の撮影協力などをしている信頼がおける葬儀社です。

 

その証拠に、「東京優良葬儀社ランキング」で3年連続で1位を獲得しているんですね。

 

また、自社の強みだけではなく弱みもしっかりと記載しているので、評判だけに流される事もなく、自分達に合うか合わないかがしっかりと判断できます。

 

葬儀を依頼した方との対談なども載せているので、1度見てみてもいいかもしれません。

 

東京葬儀に依頼した依頼者との対談を見てみる 

 

実際に見積もりを出してもらうと、費用に関して高いと感じる方が多いそうですが、それは東京葬儀が正直にMaxの金額で見積もりを出しているからなんです。

 

依頼者からの要望などを聞いて、Max金額で見積もりを出し、そこから不要なオプションをどんどん削っていくスタイルなので、他の葬儀社と違って「追加の費用が出る」という事がほとんどありません。

 

なので、最初に見積もりを見た時にビックリするのですが、最終的には他の葬儀社の見積もりよりも安くなったり、ほぼ同じ額で葬儀を執り行う事ができるんです。

 

「百聞は一見にしかず」

 

まずは無料の資料請求でどのような葬儀社なのか見てみる方が早いかもしれないですね。

 

東京葬儀の無料資料請求はこちら 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

インターネットが普及した現在は昔よりも葬儀社を選ぶ幅が広がってきました。

 

広がったから余計に悩んでしまう事もありますが、無料の資料請求などで各社の費用などを見比べてみて、ご自身のニーズに合った葬儀社を選んでいきましょう。