葬儀の時間はどのぐらいかかる?形式で変わる流れも解説!

参列者はこちら

 

皆さんは葬儀にどれくらい時間がかかるかご存知でしょうか?

 

遺族としては執り行う側ですので、葬儀内容の時間の把握やタイムスケジュールの為にどの程度時間がかかるかし知りたいでしょう。

 

また会葬者としては急な訃報の為、忙しい中の隙間をぬって会葬に訪れるので詳しい時間を把握したいものです。

 

しかし、葬儀の内容は形式や故人の意向によって変わるものです。

 

そこで今回は葬儀にどれだけの時間がかかるのか詳しく解説していきます。

 

※この記事分かること※

参列者・遺族側に分けて葬儀にかかる時間を解説し、また形式別に一般葬・家族葬・一日葬・火葬式に分けて解説していきます。

葬儀の時間はどれぐらいかかる?

 

先ずは葬儀にどれくらい時間がかかるのかを参列者側と遺族側に分けて解説していきましょう。

 

当然、参列者側と遺族側では葬儀にかかる時間は変わっていきます。

 

詳しい内容を解説していくので以下をご覧ください。

 

参列者の場合

まず、葬儀一日目の通夜です。

 

通夜は一般的に18時開式-19時閉式となります。

 

その後通夜振る舞いを頂き解散です。

 

通夜振る舞いは30分~1時間程度で終わるので、参列者が葬儀にかかる時間はおおよそ1時間半~2時間程度ということになります。

 

次に葬儀二日目の告別式です。

 

告別式は午前中に行われることが多く、一般的には11時開式となります。

 

葬儀・告別式は1時間程度で閉式となり、その後は火葬・精進落とし(火葬後に頂く食事)を行い15時前後に解散する運びが一般的です。

 

ですので、参列者が告別式にかかる時間は4時間程度になります。

 

斎場や火葬場の予約状況によって時間は前後することはありますが、基本的には午前開式の夕方解散が一般的な流れです。

遺族側の場合

次に遺族側の場合、葬儀にどれだけ時間がかかるか見ていきましょう。

 

葬儀一日目の通夜ですが、遺族は開式1時間前には集合します。

 

その理由として、遺族は供花の札の確認や通夜の流れの説明、また受付をしてくださる方へ挨拶をしなければなりません。

 

加えてお世話になる僧侶への挨拶など遺族は葬儀が始まる前から多くの予定をこなします。

 

一般的な18時開式の場合遺族は17時集合となり、開式以降は参列者と同じ流れで進み、通夜振る舞いの参列者を見届けた後に解散となります。

 

それですので通夜にかかる遺族の時間はおよそ4時間程度です。

 

葬儀を執り行う側ですので当然参列者よりかかる時間は多くなります。

 

それでは葬儀二日目の告別式です。

 

告別式も通夜同様に遺族は開式1時間前に集合します。

 

11時開式の場合は10時集合、開式以降は精進落としが終わるまで参列者と同じ流れです。

 

その後、帰宅し故人の遺骨を自宅で安置し後飾りが終われば遺族の葬儀は終了となります。

 

葬儀二日目にかかる遺族の時間はおよそ5時間前後です。

 

葬儀二日目は火葬があるので通夜よりも長くなってしまい、午前から始めても終了が夕方になってしまいます。

 

場合によっては精進落としを頂かない告別式もあるので、形式によって時間の長さはかわるので御了承ください。

 

葬儀の形式で時間は変わります

 

上記では一般的な参列者と遺族の葬儀にかかる時間を解説しました。

 

それでは次に形式別の葬儀にかかる時間を解説していきましょう。

 

ここでは、一般葬・家族葬・1日葬・火葬式の4つに分けて解説していきますので参考にしてください。

一般葬(参列者の場合)

一般葬とは、故人と生前から付き合いのある友人・知人、仕事関係、近隣関係、一般の方をお呼びして執り行う葬儀になります。

 

故人と親交のある方をお呼びするので、遺族と面識がない方が会葬に訪れる事も多く、そうした方々には遺族が故人に代わり丁寧に対応しましょう。

 

一般会葬者の場合、通夜にかかる時間はおよそ1時間半~2時間程度となりますが、参列者の数が多い場合には時間は前後します。

 

葬儀式場の規模によって焼香の数が変わる為、式場と参列者の規模を見た上で通夜にかかる時間を想定してください。

 

次に告別式ですが、こちらも通夜同様に式場と参列者の規模によって時間は前後します。

 

おおよその時間は4時間程度になりますが、規模が大きい場合は長くなる場合がありますので予め想定をしておいてください。

 

 

一般葬(遺族側の場合)

遺族の場合、通夜にかかる時間は4時間程度になります。

 

開式1時間前の集合になるので、通夜の場合は17時集合ですが、一般葬は式の規模が大きくなる為、1時間半前に集合になる可能性もあります。

 

また式後の通夜振る舞いも多くの方が頂くので、1時間で終わらず時間が延びる事もあるので予め予想しておいてください。

 

告別式ですが、遺族は5時間程度の時間がかかります。

 

一般葬では告別式に参列者の数が減る場合が多く、30分程度式が押す事があるので想定をしておいてください。

 

家族葬

家族葬は故人に近い近親者のみで行う葬儀になります。

 

一般の方をお呼びすることのない葬儀になりますので、葬儀の規模も小さいものが多い傾向です。

 

家族葬も上記の一般葬と変わらず、通夜の場合は参列者は1時間半~2時間程度、遺族の場合は4時間程度、告別式は参列者の場合は4時間程度、遺族の場合は5時間程度になります。

 

規模の違いはあれ、式の内容自体は同じですので時間の差異はそこまでありません。

 

 

1日葬

一般的に葬儀は通夜・告別式をあわせた2日間で行われますが、近年では遺族の負担が軽減される通夜を省略した1日葬が増えています。

 

1日葬は通夜を省略した式になりますので、葬儀2日目の告別式で葬儀終了です。

 

一般的な告別式と同じで参列者は4時間程度、遺族は5時間程度となります。

 

しかし遺族は通夜を省略したぶん内容が増え、一般的な告別式よりも忙しくなる可能性があるので注意してください。

 

火葬式

火葬式は直葬・密葬と言われ、遺族ないし近親者だけで行う葬儀になります。

 

通夜・告別式を除き、火葬場の予約時間に合わせて出棺・火葬を執り行うだけの葬儀になるのでかかる時間もかなり短めです。

 

火葬にかかる時間だけになるので40分~1時間程度で終わりとなります。

 

火葬後の精進落としもないので、火葬から収骨で解散という流れです。

 

 

途中退席はやむを得ない場合はOK

 

上記でもお伝えしたとおり通夜・告別式は最低でも1時間の時間がかかります。

 

突然の訃報で急に葬儀に参列する事になった場合、気になるのが葬儀の途中退席ではないでしょうか?

 

どうしても外せない用があったり、仕事や学業があったりなど、葬儀に参列できる時間が限られている場合もあるでしょう。

 

そういった場合、葬儀に最後まで参列できるか難しいものです。

 

ここではどうしても葬儀を途中退席しなければなら場合どうすれば言いかを解説していきます。

 

基本的に葬儀の途中退席は失礼に当たるので、最後まで参列するのがマナーです。

 

しかしやむおえない場合は途中退席も仕方ありません。

 

とは言え、途中退席をするのであればなるべく失礼のないように途中退席したいものでしょう。

 

では途中退席のタイミングはいつでしょうか?

 

一般的に途中退席は失礼ですが、焼香後終了後が無難と言えます。

 

もちろん最後まで参列できればいいのですが、やむおえない場合は焼香終了後、なるべく場の雰囲気を崩さないように退席しましょう。

 

途中退席する際の挨拶

途中退席する場合は予め記帳後に遺族や受付の方、もしくは式場スタッフの方に挨拶をしておきましょう。

 

予め途中退席の旨を伝えておく事で場の雰囲気を崩すことなく途中退席ができます。

 

ではどのような挨拶をすればよいのでしょうか?

 

以下で途中退席の挨拶の例文を用意しましたのでご覧ください。

 

※途中退席の挨拶の例文※

この度はご愁傷さまでした。

心よりお悔やみを申し上げます。

急な訃報で未だに信じられない思いでいっぱいです。

本来であれば最後まで参列するのが故人への供養となりますが、どうしても外せない用があり途中退席する無礼をお許しください。

 

以上が例文になります。

 

参列の際は式場後方に座るようにし、焼香が終われば場を乱さないように退席することを心がけてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は葬儀にかかる時間を参列者・遺族に分け解説し、各形式の所要時間の解説を行いました。

 

最近では葬儀を短縮する傾向で、葬儀の規模も小さくなりつつあり葬儀にかかる時間も短くなってきています。

 

今回は一般的な内容をご紹介しましたが、葬儀にかかる時間は前後することを念頭に置いておいてください。

 

また途中退席に関しては基本的にしないでください。

 

もしするのであれば必ず先にお詫びの挨拶を行うようにしましょう。

 

参列することは故人への供養になりますが、場合によっては後日、故人宅を訪問し線香をあげるという方法もあるので臨機応変に対応してください。

 

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。