葬儀での服装や身だしなみのマナーを男女別で解説!

葬儀

 

突然訪れる訃報…。

 

葬儀のマナーって意外に知らないことが多いのではないでしょうか?

 

今回は、葬儀に関するマナーの総まとめを男女別で解説していきたいと思います。

 

知らないと恥をかきますし、誰かに聞くと白い目で見られたりもします…。

そうならないように覚えておいてくださいね

男性の葬儀での服装や身だしなみ

 

お葬式の服装にも様々なスタイルがあります。

 

よく聞く服装ですが一般的に冠婚葬祭で使われる服装は礼装と言われます。

 

礼装のうち通夜・葬儀・告別式に着る服装は【喪服】です。

 

喪服の色は、黒かグレーですが格式が存在し3段階に分けられています。

 

①正式礼装

②準礼装

③略礼装

 

3段階のそれぞれについて次の項目で見ていくことにしましょう。

 

スーツの決まりはある?

 

葬儀でのスーツに決まりが実はあります。

上でご紹介した格式により変わってきます。

 

【正式礼装】

正喪服と言われるモーニングコートが一般的です。

 

ジャケット:黒
ズボン:黒かグレー(細いストライプが入ったもの)
シャツ:白無地
ネクタイ:黒無地
*モーニングコートは、葬儀・告別式での着用となります*

 

正喪服は、3親等の親族や遺族まででとなっています。

 

その他の法要の場合も親族や遺族が正喪服を着用していることがありますがマナー違反にはなりません。

 

【準礼装】

格式が下がった喪服のことを指し、準喪服と称されます。

 

ブラックスーツが準喪服となりますね。

 

ブラックスーツ:黒無地シングルスーツ・黒無地ダブルスーツが一般的に着られる幅が広い喪服となっています。

 

・通夜

・葬儀

・告別式

・一周忌

*間違いやすいのがブラックスーツ=黒いスーツ×と思われがちです*

 

黒いスーツがブラックスーツにはなりませんので注意してくださいね。

 

黒いスーツ=ビジネススーツはマナー違反ですので絶対に葬儀の時には着用しないようにしてくださいね。

 

【略礼装】

2つの格式よりさらに下の格式の服装であり一般的に地味な服装となります。

 

地味な服装と言えどカジュアルすぎるのはNG。

 

濃紺色や黒色・グレーやダークカラーのスーツが一般的です。

地味な服装になるように心がけてください。

 

3つの礼装について説明をさせていただきましたが、ここでブラックスーツについて詳しく見ていきましょう。

 

ブラックスーツは準喪服として格式が正装礼装より一段下がることはお伝えしました。

 

以前はブラックスーツでダブルブラックスーツが正装と言われていましたが、現在はシングルブラックスーツが主流となりつつあります。

 

通夜に訪れる場合、ブラックスーツで訪れるのはマナー違反とされ平服(地味な普段着)が一般的とされていました。

 

最近では通夜のみ参列する方も増えてきました。

通夜のみ参列となると、亡くなった方との最後のお別れになるため、準礼装としてもマナー違反にはなりません。

 

また黒スーツはNGとお伝えしましたが、その理由は生地が違うんです。

 

ブラックスーツは、光沢のない黒色で作られています。

 

それに対して、黒スーツ=ビジネススーツは光によってグレーに見えたりもしてしまいます。葬儀での服装に黒スーツは適しません。

 

むしろマナー違反となってしまうため注意してくださいね。

・アクセサリーは外す?

 

基本的にアクセサリーは結婚指輪以外は付けないようにするのがマナーです。

 

時計やブレスレットなども付けてはいけません。

ネクタイピンもNGですよ。

 

男性の葬儀の服装や身だしなみにもいろいろあることが分かりましたね。

 

次の項目では女性の葬儀の服装や身だしなみを見ていきましょう。

 

・女性の葬儀での服装や身だしなみ

 

女性の場合も葬儀の服装や身だしなみはきちんとしておかなくてはなりません。

 

間違えた服装はマナー違反になるため注意が必要です。

 

格式は洋装の場合3つあるのは男性の場合と同じで、

・正式礼装

・準礼装

・略礼装

となっています。

 

但し、女性の場合は正式礼装・準礼装に和装が含まれています。

 

男性の場合も和装はありますが現在ではほぼ見られません。

 

・スーツと着物どっち?

 

スーツの方が良いのか、それとも着物の方が良いのか順番に見ていきましょう。

 

まずは洋装から行きましょう。

 

【正式礼装】

洋装が多くなった現在ですが着用されるものは、基本黒無地で光沢のないシルクもしくはウールのワンピースかスーツを着用するのがマナーです。

 

ワンピースは、極端に襟元があいたものや方が露出しているデザインは好ましくありません。

 

着丈はひざが隠れる長さが(ひざ下7cmくらいまで)基本になるため格式によって変更するようにしてください。

 

【準礼装】

ブラックフォーマルのアンサンブルやスーツ・ワンピースなどが準礼装に値します。

 

ただここで注意するべき点は、着丈が正式礼装よりも短めで普段着より長めを意識するのがポイントです。

 

短すぎても長すぎてもNG!

ということになりますね。

 

【略礼装】

グレーや濃紺など地味なスーツなら大丈夫です。

また、パンツスーツも選べますよ!

 

格式が下がるとはいえ、厳粛な場ですので肌の露出が多いものなどは着用してはいけません。

 

*スカート丈は必ず守るようにしてください*

格式が上なほどスカート丈は長いのが特徴です。

 

次に和装の場合をご紹介していきたいと思います。

和装にも格式があり2段階の格式があります。

 

①正式礼装

基本的に和装の正式礼装をするのは、遺族か3親等までの親族に限ります。

 

正式礼装和装の場合は、黒無地染め抜き五つ紋付の着物となっています。

 

縮緬(ちりめん)が現在は主流となっているようですね。

 

半襟:白色

長襦袢:白色

帯:名古屋帯もしくは黒袋帯

帯締め:黒の平打ち

足袋:白

草履:布製黒・鼻緒も黒

*帯留めや髪飾りは付けないのがマナーですので覚えておきましょう*

 

これが正式礼装となります。

 

②略礼装

正式礼装より格式が下がりますが基本は、寒色系の無地に一つ紋か三つ紋を付けた半喪服となります。

 

地味な小紋や色無地などの長着も着用できます。

 

半襟:白色

長襦袢:白色

帯:黒袋帯

帯締め:黒の平打ち

足袋:白

草履:布製黒・鼻緒も黒

正式礼装にほぼ近い状態となるのが現状のようです。

 

ではスーツと着物どちらが良いのかという部分に戻りますが、一般的に先にもお伝えしたように、和装正式礼装を着るのは遺族や3親等までとなっています。

 

参列側か出席側かにより変わってきます。

 

・アクセサリーはどうする?

 

女性の場合ピアスやイヤリング指輪などアクセサリーを付ける方も多いですよね。

 

葬儀の場合はお洒落をする場ではないため結婚指輪以外のアクセサリーは基本的には付けないことがマナーとなっています。

 

ただし真珠のネックレスはOKとされていますが2種類の真珠の色があります。

白真珠と黒真珠ですよね。

 

弔事や葬儀の場合は、黒真珠が一般的と言われています。

 

ただ真珠のアクセサリーの場合はつけなくてもよいものなので、付けるのであれば黒真珠となっています。

 

最近では涙のかわりとして白真珠を付けている方も多いのでOKとされてきています。

 

一連の白真珠のネックレスであればいいのですが、二連や三連のネックレスは重ねるという意味になりタブーと言われています。

 

もしつける場合は、一連の真珠ネックレスを付けるようにしてくださいね。

悩んでしまった場合は、付けないというのもありです。

 

付けなくてもよいアクセサリーの部類に入るのでご自身で判断するようにしてみてくださいね。

・メイクや髪型について

 

メイクについてですが、ノーメイクでの参列はNGとなっています。

つやのない落ち着いたメイクと口紅は色を抑えめにしておきましょう。

またアイシャドウなどは、ラメのないものを使うようにして下さい。

 

マスカラは、ウォータープルーフがおススメです。

 

ナチュラルメイクで控えめなメークにするのが良いですね。

 

次に髪型ですがロングヘアの場合は、耳よりも低い位置でまとめるようにしてください。

 

黒ゴム以外ではしないこともポイントです。

 

ロングヘアの場合束ねる高さが問題となってきますが、耳より上でまとめている場合は慶事とみなされ、耳より下の場合は弔事と位置づけがされています。

 

黒髪でパーマなど入っていない場合は耳より下の位置でお団子にするようにしてください。

 

おくれ毛や両サイドでまとめることもしてはいけません。

 

バレッタなども華美なものは控え黒いものやまとめ髪用の黒いネットを使うのがおススメです。

 

また短い髪の場合も顔に髪の毛がバサッとかかってしまうのはNGです。

 

それ以外にも真珠に髪の毛がかかってしまうのはNGです。

 

髪の毛の色もあまりに明るい色の場合は、良くないので一時戻しスプレーなどをうまく使って目立ちすぎないような工夫は必要です。

 

あまり派手すぎない茶色であれば最近はOKとなってきている傾向があるのでそのあたりは状況に応じて判断してみてくださいね。

 

・靴や鞄はどうする?

 

靴やカバンですが基本的には無地の黒となっています。

 

金具があったり光り物の素材はNGです。

また皮製品や毛皮など動物などを使ったものは葬儀の時には適さないため控えてください。

 

皮製品でも合皮の場合は問題ありません。

 

バッグはできるだけ小さいもを選び、ショルダーやトートバッグは持ってはいけません。

 

小さいバッグと合わせてサブバッグなどを持つと良いです。

(数珠や香典を入れた袱紗など意外に持ち物が増えます。)

 

まとめ

 

葬儀での服装や身だしなみのマナーなどを男女別で解説してみました。

 

意外に知られていないマナーなども多くあるのではないでしょうか。

 

再々ないものだからこそ知ることは少ない弔事。

 

インターネットが普及している時代ですので、調べようと思えばすぐに色々な情報が得られます。

 

恥をかかないようにするため是非ご紹介した内容などを覚えておいてください。

 

なかなか何度か参列してみないと状況がつかめないこともあるかもしれません。

 

でも知らないではすませられないのも事実ですのでわからない独自の風習などがある場合は、事前に親族や親などに確認しておくと良いですよ!