香典の金額相場を紹介!お札の向きや入れ方についても!

参列者はこちら

 

身内や知り合いが亡くなると葬儀やお通夜に参列しますよね。

 

その時に持参するのが「香典」です。

 

香典に関しての悩み、第1位はズバリ「香典の相場」!

 

その金額は故人との関係性や、自分の年齢によっても変わってきます。

 

多すぎても少なすぎても、ご遺族に失礼にあたりますので気をつけたいものです。

 

人の死というのは、突然訪れることも多いですよね。

 

そこで今回は、香典の金額の相場についてや、お札の正しい入れ方を解説していきたいと思います。

 

その時に慌てないように知識を学んでおきましょう!

身内関係の香典の相場はどのぐらい?

 

身内のお通夜・葬儀の場合は、他の親族と相談して金額を決めると良いでしょう。

 

年齢によって金額相場は変わってくるのですが、普段のお付き合いの程度で金額を検討するようにしましょう。

 

また結婚して姓が変わっている場合は、配偶者との連名で香典を包むのが一般的です。

 

故人との関係が兄弟の場合は3~5万円

20~30代は3~5万円、40代以上は5万円が相場です。

 

他に兄弟がいる場合は、相談して金額を決めましょう。

 

故人との関係が祖父母の場合

20代は1万円、30代は1~3万円、40代以上は3~5万円が相場とされています。

 

同じように他の兄弟や、従兄弟がいれば相談して決めるようにします。

 

故人との関係が両親の場合

20代は3~10万円、30代は5~10万円、40代以上は10万円が相場です。

 

他の兄弟と相談して決めましょう。

 

年長者が多く出すことが一般的のようですが、その限りではありません。

 

故人との関係が叔父・叔母の場合

20代は1万円、30代は1~3万円、40代は3万円が相場とされています。

 

普段のお付き合いの距離感や深さによって金額が変わってきます。

 

故人との関係がいとこの場合

20~30代は5千円~1万円、40代以上は1万円が相場です。

 

普段のお付き合いの距離感や深さによって金額が変わってきます。

会社関係の香典の相場はどのぐらい?

 

会社関係というのは、関係が微妙なことも多く特に迷うことが多いようです。

 

また、自分が上司か、部下かという立場によっても金額が変わってきます。

 

会社によっては規定や慣習で決まっている場合もあります。

 

その場合は会社に従うようにしましょう。

 

 

故人が上司やその親族の場合

上司の場合は、20~30代は5千円、40代以上は5千円~1万円が相場となるでしょう。

 

40代以降は会社の中でも重要な立場にあることもありますので、課長以上は1万円と考えたほうが良いですね。

 

上司の親族の場合は、少し距離がありますので年齢問わず5千円で良いでしょう。

 

故人が部下やその親族の場合

部下の場合には、1万円が相場とされています。

 

その親族に香典を包む場合には5千円で良いでしょう。

 

故人が同僚やその親族の場合

同僚の場合は、年齢によって変わってきます。

 

20~30代は5千円、40代以上は5千円~1万円が相場となります。

 

40代以上はそれだけ長く苦楽を共にしてきた仲でもありますので、その関係性で金額を決めると良いですね。

 

故人が取引先の場合

取引先に香典を包む場合は、会社とよく相談しましょう。

 

取引先が複数ある場合には、すべてに同じように対応する必要が出てきてしまいますので、上司の指示に従うようにしましょう。

 

その場合、相場は5千円程度でしょう。

友人関係の香典の相場は5千円〜1万円

 

友人関係はその関係性の距離によって随分金額が変わってきます。

 

ご友人の葬儀の場合は、相場は5千円~1万円です。

 

また年齢によっても大きく変わってきますので、注意しましょう。

 

20~30代の場合は5千円が相場とされています。

 

金額が多いと、かえってご遺族に気を使わせることになってしまうことも…

 

ですが、その関係性や距離感もありますし香典はあくまでも「気持ち」です。

 

ご友人が亡くなった時の悲しみは計り知れないものがありますので、考えすぎずに気持ちを表すことでご遺族も喜んでくれるでしょう。

 

ここからは、ご友人関係の香典の相場を解説します。

 

故人が友人の両親の場合

5千円~1万円が相場とされています。

 

そのご友人の両親と面識があるか、ご友人とのお付き合いがどれだけかということでも金額が変わってきます。

 

ご友人同士で話し合って同額にしたり、場合によっては数千円ずつ出し合い連名にしてお持ちするという方法もあります。

 

故人が友人の祖父母の場合

5千円が相場です。

 

ご友人の祖父母ともなると、面識がなかったり少し距離があったりするのが一般的です。

 

ご近所だったり、幼馴染だったりするとこの限りではありませんが、あまりに高額だとかえって先方に気を使わせることになります。

 

5千円程度にしておいた方が無難でしょう。

 

故人が友人の夫や妻の場合

ご友人の配偶者の場合も5千円~1万円が相場です。

 

家族ぐるみでお付き合いしていた、という場合もあるでしょうし、奥様同士やご主人同士が仲良くされているという場合もあります。

 

この場合も同じような距離感のご友人と話し合って金額を合わせると良いでしょう。

 

数人で数千円ずつ出し合って香典を用意する場合もあります。

 

故人が友人の兄弟の場合

ご友人の兄弟の場合の相場は5千円~1万円です。

 

やはり関係性の距離や深さにもよりますが、20~30代は5千円で良いでしょう。

 

故人が友人のお子さんの場合

この場合も5千円~1万円が相場です。

 

ご友人のお子さんの場合は、ご友人の気持ちを思うと本当に悲しくなりますよね。

 

特に自身の子供が亡くなったお子さんのお友達だった、という場合もあるでしょう。

 

同じようにご友人たちと相談して、金額を揃えると良いですね。

 

場合によっては、数人で出し合って連名で持参するのも良いでしょう。

お札の向きや入れ方について

 

香典袋に入れるお札の向きにもマナーがあることをご存知でしょうか。

 

お金を用意し、香典袋に名前と金額を書きます。

 

中袋にお金を入れるのですが、この時お札の顔の表示が上になるように入れるのが正しい向きとされています。

 

受け取った相手が取り出した時に正しい向きになるように入れるのがマナーとされていますので、取り出す時をイメージして入れると良いでしょう。

 

 

また新札はNGとされていますので、使い古したお札を使います。

 

新札しか用意できなかった時は、2回折り返して折り目をつけたものを入れるようにします。

 

複数枚入れる場合には、向きを全部揃えて入れます。

 

ちなみに香典袋には「御霊前」「御香典」が一般的です。

 

これらはどの宗派でも使用できます。

 

宗派によって変わってきますので、参列するご葬儀にあったものにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

香典の相場について解説しました。

 

その昔は葬儀に必要なお米やお供え物を出し合ってきました。

 

それが現代では香典という形になり、遺族の葬儀負担を助けるのが本来の意味合いです。

 

香典を包む最低金額は5千円というのが現代の相場となっています。

 

参列できない場合には香典を郵送したり、供花を送るなどするようにします。

 

いずれにしても、故人への感謝の気持ちやご遺族への配慮の気持ちを忘れないようにしましょう。