お通夜

お通夜

お通夜で受付を頼まれた際の言葉遣いや挨拶のマナーを解説!全体の流れについても!

お通夜の受付とは、遺族の代理として弔問客をお迎えするという大切な役割。 弔問客からお悔やみの挨拶を受け、香典を受け取り、記帳をお願いするという立場です。 葬儀の受付をお願いされたら?マナーとして知るべきことをひとつずつご説明しましょう。
参列者はこちら

お通夜での赤ちゃんの服装について!参列するなら抱っこ紐は必要?

今回は、お通夜に参列する際の赤ちゃんの服装や抱っこ紐は必要なのかなどのお話をしていきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜での服装について!夏なら男性は上着を着なくてもいいの?

訃報というのは、いつも前触れなく訪れるもので、親しかった方のお通夜はできるだけ出席したいものですよね。ただ、そんな時に悩んでしまうものの1つに服装があると思います。特に男性の場合、夏場だと「上着は着なくてもいいのか?」など迷うことが多々あります。今回は、夏場のお通夜での男性の服装についてお話ししていきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜に行けない時の失礼のない対応とは?連絡はメールでも大丈夫?

お通夜はできるだけ出席したいものですが、どうしても仕事を休めなかったり、場所が遠方だったり、やむを得ず出席できないこともあるかと思います。 今回は、お通夜に参列できない時のマナーや連絡方法などについてお話していきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜での持ち物一覧!数珠やハンカチと香典以外にもある?

訃報の連絡が入ってお通夜に参列することになったけど、何を持っていけばいいのか分からない。数珠やハンカチと香典は分かるけど、他にも何かあるのかな?今回はそんなお通夜での持ち物の事を紹介していきます。
参列者はこちら

お通夜の時間は何時まで?遅れて行く場合や早めに行く時のマナー!

お通夜とは、個人と過ごす最後の夜のことで、個人との別れを惜しむときです。 ここでは「お通夜」として広く扱われている「仮通夜」「本通夜」についてご説明していきます。
参列者はこちら

お通夜での男性の服装は急なら私服でもいいの?スーツはストライプでも大丈夫?

お通夜での男性の服装どのような格好が最適でしょうか。 仕事帰りに急に行く時なども当然あると思います。 急な場合は、私服でもいいのか?夏場のお通夜の服装やその他の細かい点までチェックしていきましょう。 滅多にあわない方もいるからこそ、気を付けておきたいですね。
参列者はこちら

お通夜の服装について!夏場は女性ならワンピースでいいの?

最近、自宅でお通夜をですることは少なくなりましたね。 接待をすることも少なくなってきたけれど、何かとお通夜の時も女性は動かなければならないものです。 今回は、お通夜の服装のマナーについて調べてみました! 女性のお通夜の時の服装は一体どういうのが良いのか。 またスーツの種類によっては、着てもいいのか?悪いのか? 正しい知識を知っておきましょう!