参列者はこちら

参列者はこちら

VERY CARD(ベリーカード)の弔電の口コミや評判を紹介!料金についても!

生前お世話になった方への弔電なら定型文などではなく、故人との想い出などを文章として弔電に入れる事ができて、尚且つ料金が350字まで一律で利用しやすいという事で人気のVERY CARD。弔電は送り直しが出来るものでは無いので、初めて利用する時に失敗したく無いですよね。そこで今回は、VERY CARDの口コミ評判や料金などについて解説していきたいと思います。
参列者はこちら

弔電はいつまでに届くように送るの?費用や安く送る方法も紹介!

葬儀に参列したいけど、妊娠中で無理ができず参列できない。また、遠方での葬儀で、仕事の休みの都合が付かず参列することができない。こういう時に利用するのが弔電なのですが、弔電ってなかなか送る機会がないんですよね。そこで今回は、弔電を送るタイミングや届先、弔電にかかる費用や安く送る方法などを紹介していきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜に焼香だけして帰るなら訪問時間は何時がいいの?香典を渡すタイミングは?

お通夜に参列したいけど、急なことで都合がつかない場合や、お通夜が終わったころにしか駆け付けることができないといった場合もありますよね。そのようなときは、何時に訪問するのが良いのでしょう。今回は、お通夜で焼香だけして帰る際の訪問時間や、香典を渡すタイミング、その他気を付けたいことなどについてまとめました。
参列者はこちら

お通夜に子供連れで参列する際の服装マナーを紹介!焼香についても!

訃報を受け、急いで駆け付けるお通夜。小さな子供がいても、急なことで預け先がない場合や、故人が身内であれば親族として連れて行かなくてはならない場合もあるでしょう。子供を連れてお通夜に参列する場合、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。服装や立ち振る舞い、その他気を付けたい点などについてまとめました。
参列者はこちら

お通夜の参列ってどこまで?出席や辞退の境界線を解説!

今回は、お通夜はどこまで参列すれば良いか、という点について現役の葬儀社で働いてる【葬祭亭 線香】が書いていきたいと思います。付き合いが広い方などは、特に必見です。
参列者はこちら

お通夜での妊婦さんの服装について!参列するのはダメなの?

昔から妊婦は葬儀の席に出席してはいけない、などの迷信がある地域もたくさんあります。 現代ではどのように考えられているのでしょうか。 訃報は突然やってくるものですがその際にたくさんの疑問があります。 喪服はどうする?そもそも行ってもいい?参列する際に何か気をつけることはある? など… そんな疑問を解決します。
参列者はこちら

お通夜での靴のマナーについて!男性はどこを気にすればいい?

社会人になると、これまで以上に多方面での付き合いが増える事もあり、お通夜や葬儀に参列する機会も増えてきます。 そして、その中でも気になる事の1つとして挙がるものの中に【服装】があります。 今回は、その服装の中でもさらに絞った【靴のマナー】について解説していきたいと思います。
参列者はこちら

お通夜での女性の髪型や髪色のマナー!ショートやロングのアレンジを紹介!

突然、お通夜・葬儀に参列することになった時、服装・作法などに戸惑う方も多いのではないでしょうか。 ただ、髪型まで配慮できている人は意外と少ないものです。 ご遺族の方々に失礼のないように、大人の女性として知っておきたい通夜・葬儀参列の際の髪型についてご紹介します。
参列者はこちら

お通夜に出席するとき参列者が無宗教なら数珠は必要ない?香典の金額の相場はいくら?

ご葬儀の形として一般的なのは仏教葬です。 無宗教の葬儀を望まれる方も増えていますが、まだまだ一般的ではありません。 ご自身が無宗教の場合、参列する際に気をつけることはあるでしょうか? 参列の際のマナーは?香典は?その額や相場は? についておさらいしていきましょう。
参列者はこちら

お通夜での服装について!女性はパンツスーツでいい?インナーやストッキングの色は?

結婚式とは違い、お通夜などの弔事は急にあるもの。仕事帰りに参列するなど、準備にあまり時間がかけられない!ということもありますよね。 しかしいくら時間がないからと言って、どんな服でもOKというわけではありません。今回は、女性がお通夜に参列するときの服装を選ぶ際に、注意しておきたい点についてお話ししていきたいと思います。